尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

名古屋市瑞穂区東栄町の八幡社を訪れました

地下鉄桜通線瑞穂区役所から10分程
 交通量の多い環状線から東に入る、表通りとはかけ離れた静かな佇まいの住宅街に鎮座

当地は以前、東ノ割と呼ばれ、昭和9年に現在の東栄町へ
 塩の道の東から栄えた、故にこの地名となったとも云われます

塩付街道の界隈は当時の名残を今も残すとともに、多数の神社仏閣が鎮座しています
 八幡社は街道の西側にあたります(瑞穂区の史跡案内には東栄八幡社)
1
南北に長い境内、鳥居前から境内、全体が一望できます
 1920年(大正9)と刻まれた社号標を左に見て境内へ1
境内右の社務所、その向かいの御堂
 内部を拝ませて頂く、秋葉三尺坊とある、こちらはそのお堂なのか?
5
参道脇の津島社
 落ち葉もまめに掃除され、綺麗な境内です
3
二の鳥居の左にある手水舎
 量は少ないながら水は絶え間なく注がれています
1
二の鳥居から拝殿を眺める
 拝殿前の狛犬には1924年(大正13)奉納と刻まれています
1
こちらの神社、社号標以外に扁額など、社名を掲げたものを見かけない
 村社ではよくある事だか
由緒書きも探してみたが見つけられなかった、困った・・・・・
6
八幡社、社殿の全景

祭神 / 応神天皇
創建 / 不明 社号標、鳥居等見て回るも、一番古いもので1920年(大正9)まで
     陳札、奉納絵馬等を見ていけば大正以前、江戸時代とも云われるがそこまで遡れるやも

社殿右の五色弁財天
池はつきものだと思っていたが・・・・・(五色つながりでとってもシュールな場所へ行ってみようかナ)
7
平成2年と記された鳥居を経て西側の道路からも境内に入れましたね

 鳥居の向かいは東栄寺(文化財・阿弥陀如来)になります、その左は馬頭観音堂
  塩付街道沿いに祀られていた馬頭観音が6体程こちらに纏め、祀つられています
77
境内のイチョウの落葉も間もなく終えます
2017/12/11

東栄町『八幡社』
住所 / 愛知県名古屋市瑞穂区東栄町5丁目
アクセス / ​​名古屋市営地下鉄桜通線瑞穂区役所下車徒歩10分​​

散策参考資料
瑞穂区 ​
塩付街道と桜のみち

web地図でも社名が登録されていません
杜を探せですネ





名古屋市千種区 『大林寺』

覚王山東丘陵地に鎮座する臨済宗のお寺
近くには愚痴聞き地蔵の「西蓮寺」や五百羅漢の寺「大龍寺」等多くの寺が鎮座する地域
どこへ行くにも下りか、上りの違いだけで「坂」ですね
1
東の丘陵地に続く長い坂を上ると左側に大林寺が見えてきます
2
山門は更に登った左側になります
 訪れた当日は山門前で周辺の造成工事のため慌ただしい状況
・・・・・お参りできるのか?
3
山門前の工事の影響でしょうか、門は固く閉じていました
 やむなく先ほどのスロープから本堂まで入らせて頂きました
4
大林禅寺本堂
本堂の広い境内、その東側には墓石が立ち並びます

『織田信長』を支えた柴田勝家・明智光秀・丹羽長秀、羽柴秀吉と並んだ織田5大将の一人
 「滝川一益」、こちらは滝川家一族の菩提寺、一族の墓碑を見る事ができます
山門も閉じられています、今日はじっくり見て回る事は避けます
5
扁額の脇には半鐘も吊られています
6
軒丸瓦には桐紋
 雲一つない青空に白い飛行機雲が一筋
見上る私を鬼瓦の狛犬がじっと睨みつけています
8

もうひとり、私をみつめる目がありました
本堂でお参りを終え、ふと脇を見れば狛猫?
いや本物です

日向ぼっこの真っ最中だったか、まったりとした表情でじっとして動かない
日差しを浴びて体も暖かい、人慣れした子です
しばらくマッサージの大サービス・・・・・実は冷たい手を温めさせてもらう
君「虎」と似てるね、うちに来る?

『大林禅寺』
創建 / 1628年(寛永5)、瀧川豊前守忠征により滝川家菩提寺として建立
     戦時中の強制疎開で中区南桑名町より現在地へ移転
本尊 / 木造釈迦牟尼仏座像
宗派 / 臨済宗妙心寺派

住所 / ​愛知県名古屋市千種区城山町1丁目3
アクセス / 市営地下鉄東山線覚王山下車 徒歩20分程

縁日で賑わう覚王山「日泰寺」
参道の山門前を左に曲がり、 目の前の突き当りを今度は右に曲がってみてください
11
参道の賑わいとはかけ離れ人通りはまばらです
 名古屋城を囲むように甚目寺観音、荒子観音、笠寺観音、龍泉寺をつなげる
四観音道と呼ばれる古道がありました
 日泰寺の西側は笠寺観音と龍泉寺を結ぶ古道の名残を残しています
12
歩道には近隣の参拝スポットが分かりやすく案内されたタイル画も設けられています
(写真は専修院付近に設置された鉈薬師へ導くタイル画)
1
日泰寺西側の四観音道を北へ進むと左側に『専修院』はあります
 寺標の後ろには赤い帽子を被った地蔵さんが祀られています
5
山門から境内越しに本堂内部を見通せるほどの小さなお寺です
 こちら『専修院』は尾張德川家とゆかりのある寺
6
本堂に掲げられた『松楓山』の扁額
7
本尊の阿弥陀如来は尾張徳川家の息女が嫁入りの際、守り本尊として
 持参したものと伝わる
こちらのお寺には願をかけ、それがかなうときは軽く、そうでない時は重くて
 持ち上げられないと云われる重軽地蔵もあります
2
境内正面に祀られる赤いニットの帽子を被った『除厄地蔵』
 弘法大師42歳の時、厄年のお払いのために自ら彫った
木像(京都の永観堂禅林寺に安置)を、石に彫り写したものと伝わります
3
境内には他にもご覧の様な赤いニットの帽子を被った地蔵さんが祀られています
4
覚王山日泰寺縁日(21日)にお越しの際は、人通りの少ない西側の
 四観音道も歩いてみませんか

『専修院』
宗派 / 浄土宗西山禅林寺派
本尊 / 阿弥陀如来
創建 / 1922年(大正11)、桐林町に創建、1964年(昭和39)現在地に移転
住所 /  ​名古屋市千種区西山元町1丁目6番地
℡ / 052-751-3473

↑このページのトップヘ