鈴之御前社
名古屋市熱田区にある神社で熱田神宮の境外末社です
1
地下鉄伝馬町駅から南西へ歩くと旧東海道の通りに出る、そこから左方向へ歩いて行きます
旧東海道を歩くと、歩道の所々に写真の様なルート案内も整備されています
やがて右手にビルと駐車場に挟まれた境内が見えてくるはずです2
境内はご覧のように間口が狭く、歩道沿いの玉垣くらいしか視界に入らないかもしれません
右に社号標があり、一歩奥まった所に木造の神明鳥居が建てられています
鳥居の先には拝殿が見えています
3
間口が狭く奥に長い境内
右に大きなビルと左は駐車場、奥は民家に囲まれた街中の光景
この一画だけが時の流れがとまっているようです
4
鳥居をくぐり境内左に手水鉢がありますが、清水は常に注がれていないようです
訪れる参拝客もなくひっそりと鎮座するその佇まい、どことなく​青衾神社​の趣きに似ています
5
境内右に小さな社が二つ
左に桐紋の神社幕が飾られた社
その中には熱田社にあった鳥居の一部が御神体として祀られています
右の小さな社はさっぱり分かりません
6
拝殿前景、鈴之御前の社は北向きに鎮座します
シックな佇まいです
7
鈴之御前社は鈴の宮(れいのみや)とも呼ばれます
昔は神社の傍らを精進川が流れており、熱田さん参拝のため東海道を歩いてきた旅人
熱田宿の東外れに流れる精進川で身を清め、お祓いを受けてから本宮へ参拝する
そうした習わしだったそうです
8
尾張名所図会に当時の様子が記されていました
正覚寺が左にあり、その横を精進川が流れ、鈴御前として記されているのが鈴之御前社ですが・・・・・
正覚寺(熱田区神宮4)はここから少し北に鎮座、現在の両者の位置関係は違います
​​​​鈴之御前社は幾度か遷座の歴史があるようです
9
拝殿から神明造りの本殿が見てとれます
参拝客がいないのでじっくりと参拝ができます
祭神 / 天鈿女命

天鈿女命は妖艶な舞で天岩戸に引き籠ってしまった天照を引き戻したと云われる神です
10
鈴之御前社本殿
都会の谷間に佇む熱田神宮境外末社です

創建、遷座の遍歴は不明
住所 / 名古屋市熱田区伝馬2丁目
アクセス / ​市営地下鉄名城線「伝馬町」下車南へ徒歩で5分程
2019/03/09