​名古屋市瑞穂区塩入町
地下鉄名城線堀田駅から徒歩で1~2分のところに「濱神明社」が鎮座します
神社南側には100均ショップがあり分かり易い
1
神社は東側道路に面し、鳥居と本殿は東を向いて祀られています2
道路を挟んだ反対側に手水舎と社務所?があります3
手水鉢には清水は注がれていません
4
「濱神明社」全景、境内西側はマンションが迫り、両側を店舗とビルに挟まれています
街中で良く見かける神社の光景です
右に大きな社号標、正面に三社祀られているようです
街中の境内、けっして広いものではないですし、この収まり方は近隣から遷座してきた結果なのかもしれません5
社号標なかなかに立派なものです
6
左に名古屋市教育委員会解説板と見所案内板(​東ノ宮神社​)
この一帯を記載する時に決まって「この一帯は過去は海または海岸線、新田開発により田園化された地域・・・・・」でとなりますが、ここ濱神明社のある瑞穂区塩入町も正にそれです
昔のこの辺りは呼続の浜と呼ばれ渡付場があったあたり
名古屋市の史跡巡りには以下の様に解説されています
「昔のこの辺りは呼続の浜と呼ばれ渡付場があった東北、土居の浜には塩焼所があり神宮に塩を奉納していた
天白川の築堤後は田園となり害虫を除き五穀豊穣を祈るため、天照大神を祀った
明治41年津賀田神社に合祀されたが、昭和15年現地に遷座された
境内には天正17年1589年の刻銘がある市内最古の月待供養碑、神道関係の碑として珍しい斗帳寄進碑(対のうちの一基は津賀田神社にある)
西行の和歌を愛した者が作ったという西行腰掛石がある」

とあるこちらを訪れた際は、上の解説板を見て頂ければ見落としがないかも知れません7
境内社全景左右に常夜灯と、石積みの神域に三社が祀られています
右手の碑が解説板にあった市内最古と言われる月待供養塔
左に燈籠の陰で見えませんが斗帳寄進碑があります8
祭神は天照大神、左右の小社は不明(写真は3枚張り合わせ)9
十七夜月待供養塔
驚くのは1589年(天正17)に刻まれた文字が今も明瞭に読み取れる事
「天正十七年巳丑五月吉日敬白十七夜待開眼供養の所尾州愛知郡分野住人四郎五郎現世安穏後生善所」三つの〇の中に丸の中の梵字は種字といい、仏を一文字で表したもの
左は不動明王を表す「カーン」、左が毘沙門天の「ベイ」、そして中央に勢至菩薩の「サク」と刻まれ、中央部分の梵字が五輪塔に彫られているのを見ると思いますが「キャカラバア」と言うそうです
空輪、風輪、火輪、水輪、地輪を表します10
神域左の斗帳寄進碑斗帳寄進碑は伊勢神宮に斗帳(幔幕)を寄進し祈願成就を祈った記念碑
これの対になるものが津賀田神社にあるという
こちらの碑は表面が風化し、書いてあるのは分かりますが読み取れません11
十七夜月待供養塔の前の皐月の植え込みの下の石に「西行腰掛石」
西行法師が熱田神宮で「かくばかり 木陰すずしき 宮立ちを 誰が熱たと 名づけ初めけむ」
と詠んだことから、彼の熱烈なファンが寄進したものだと言います
実際に西行法師かここに腰掛けたというものではない様ですが、上部には手形も彫られ、側面に西行法師腰掛石と彫られています
腰掛けるには丁度いい形はしています13
境内から鳥居方向の眺め
昭和13年建之の鳥居から先は本来参道が伸びていて、道路により分断されたということだろう

塩入町の濱神明社、海は遠く離れてしまったけれど、その昔ここが海に接していたことを表す語り部のような存在です
濱神明社
創建 / 不明祭神 / 天照大神
住所 / ​名古屋市瑞穂区塩入町14-5
アクセス / 地下鉄名城線「堀田」駅下車北に1分