名古屋市南部、名鉄本線『桜』駅から西へ400m程の辺り
呼続公園の東に隣接する笠寺台地に『冨部神社』はあります
50
周囲は木々で囲まれた明るい境内です、早朝ですが散歩がてら地元の方の参拝が絶えません。
守り神でもあり、憩いの場でもあります
51
鳥居左には秋葉社(写真上)、右に金毘羅社(写真下)
53
綺麗に手入れされた明るい境内。
正面に拝殿を望み、狛犬が一対睨みを利かせています
54
左には御神木の見事な楠、推定樹齢400年とか、その脇に手水舎があります
55
境内にある教育委員会の案内板と名古屋市指定有形文化財の1727年に作られた山車を収める倉庫(写真下)
56
五瓜に唐花の紋と拝殿(写真上)、桃山建築の姿を残す本殿は国指定重要文化財

富部神社は1603年(慶長8年)、愛知県津島市の津島神社から勧請されたことに始まる。
1606年(慶長11年)、清洲城主松平忠吉(徳川家康四男)が病気平癒の祈願をしたところ、日ならずして快復し、その恩頼奉謝として本殿、拝殿、祭文殿、廻廊が創建される。
創建以来、「富部蛇毒神天王」「蛇毒神天王」「蛇毒神社」などと呼ばれていたが、明治に入り現在の「富部神社」と改称され現在に至る。
桃山建築の姿を残す本殿は、国の重要文化財、祭文殿・廻廊、1727年(享保12年)作の山車(高砂車)は名古屋市指定有形文化財に指定されているそうです。

御祭神  /  素戔嗚尊
境内社  /  金毘羅社・秋葉社・龍王社・居森社・八王子社
57

拝殿左には龍王社・居森社・八王子社が祀られています。
写真左下が社務所になります。

朱に彩られた趣のある本殿が印象に残る『冨部神社』です。
2017/6/17撮影

住所 / 名古屋市南区呼続4-13-38
TEL  / 052(821)2909