『山神社』
名古屋市瑞穂区下山町、田辺通りから少し東へ入った高台、
 周囲を住宅に囲まれた一画に鎮守の杜が見えてきます
1
南側の道路に面して鳥居があり、石段の先の拝殿も見て取れます
2
石段前の木製の山門と制札、奥には石の鳥居
3
訪れたのは平日ですが、落ち葉の片付けをされる氏子の方もいて
 境内は至って綺麗です、気持ちいいですよね
4
鳥居左に手水舎はあります
5
こちらを向いて威嚇する様な龍の口からは、途絶える事無く水が注がれて
 います
水を止められている神社もある中、ありがたいものです
6
境内に掲げられた由緒書き
7
切妻の拝殿を正面から眺めます、破風飾りも落ち着いたものです
8
参拝
 拝殿から渡り廊下で幣殿につながります、拝殿内は派手さはありませんが
 シンプルな作りです
9
幣殿前の渡り廊下の脇には狛犬が一対祀られています
10
高さと幅のバランスが取れた凛々しい狛犬です
11
幣殿横から神明造の本殿と両脇の末社を見る事ができます
12
本殿脇の末社、右が秋葉社、左が津島社になります
 整備された由緒書きが掲げられていると、参拝者には嬉しいですね
13
拝殿の破風飾りをアップで撮ってみました
 煌びやかで細かな彫が施されたものと違い、シンプルで落ち着きのある飾りです
落ち着いた印象の神社が『山神社』です
2017/11/25

創建 / 1733年(享保18)
祭神 / 大山紙神(おおやまづみのかみ)
末社 / 秋葉社、津島社

住所 / ​名古屋市瑞穂区下山町1-41-2
アクセス / 名古屋市市営地下鉄環状線「総合リハビリセンター」下車