尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

2019年02月

2019/02/21・22

 早朝の宿の窓から見る琵琶湖と空の色は、何となく昨日よりは良さげな天気
 二日目の始まりは朝風呂からスタート
00
風が強く肌寒かった昨日に比べれば今日は暖かそう
9時には朝食も済ませチェックアウト
二日目のスタートは長命寺から始まります
宿から車で15分程湖岸を南下します
08
四国三十三所 三十一番札所 姨綺耶山 長命寺

その歴史は古く景行天皇二十年、大臣武内宿彌が当山に登り「寿命長遠諸願成就」の文字を柳の巨木に記し、長寿を祈り三百歳以上の長寿を保ち、六代の天皇に仕えたと云われる

後に聖徳太子が諸国歴訪の際に、当山を訪れ柳の巨木に「寿命長遠諸願成就」の文字と観世音菩薩の御影を拝し感歎していると、たちまち岩の影より白髪の老翁が現われ、「此の霊木で千手十一面聖観音三尊一体の聖像を刻み、伽藍を建立すれば武内大臣も喜び、諸国万人等しく崇拝する寺となるであろう」と告げ失せた
太子は尊像を刻み伽藍を建立、武内宿彌長寿霊験の因縁をもって「長命寺」と名付けた事から始まると云われています
本堂、三重塔など重文が建つ境内から眺める琵琶湖の眺望は圧巻、808段の石段を登った者にしか味わえない眺望です(ショートカット可)

長命寺
創建 / 619年(推古天皇27)
宗派 / 単立
本尊 / 千手十一面聖観世音菩薩
住所 / ​滋賀県近江八幡市長命寺町157​​

次はここから湖岸沿いに南下し「藤ケ崎龍神社」に向かいます
09
おやじリクエストの2か所目「藤ケ崎龍神社」
湖岸に建つ外宮の赤い鳥居の正面には長命寺山の山腹に建つ長命寺を見る事が出来る絶景ポイント

山側の内宮の鳥居の奥、人一人がやっと入る事が出来る小さな洞窟があり、狭くて薄暗い洞窟内には妙得龍神様が祀られています
入口の右端にある石碑は略縁起

藤ケ崎龍神社
創建 / 不明
祭神 / 妙得龍神
住所 / 滋賀県近江八幡市牧町
010
日牟禮八幡宮
旧八幡町の総社で平安時代の創建と云われ、京都府八幡市の石清水八幡宮の神霊を勧請したもの
 広大な神域は榎や椋の巨木が生い茂り、楼門をくぐると正面に拝殿、神殿と続きます
右手には神楽殿、神殿の右側と左側に末社が祀られている

寺宝には、江戸時代に海外貿易に活躍した商人西村太郎右衛門が寄進したという「安南渡海船額(あんなんとかいせんがく)」をはじめ、祭神である三神の木像などがあり、いずれも国指定の重要文化財になっています

創建 / 131年
祭神 / 誉田別尊、息長足姫尊、比賣神
住所 /  ​滋賀県近江八幡市宮内町257​​​
012
本願寺八幡別院
1558年(永禄元)に江州蒲生野に創建された金台寺を前身としています
1580年(天正8)織田信長の寺地寄進により安土城下へ
1592年(文録元)に豊臣秀次の寺地寄進により八幡城下の現在地へ移された、浄土真宗本願寺派の寺です
本堂は1716年(享保元)、表門は1767年(明和4)年に建立され、県有形文化財の指定を受けています

本願寺八幡別院
創建 / 1558年(永禄元)
宗派 / 浄土真宗本願寺派
住所 / 近江八幡市北元町39-1
013
碁盤の目の様に区割りされた城下町、その街並みで見かけた地蔵堂
011
上段 区割りが整備された八幡街並み、道は真っ直ぐに続きます
下段左 八幡掘
右 遅い昼ごはんとなった、日牟禮庵のざる蕎麦大盛り
住所 / 滋賀県近江八幡市西元町61
ざる蕎麦を食べたところで、今回はここで帰途に付くことにします

近江八幡、懐の深いところです


2019/02/21・22
鉛色の空、近江八幡一泊二日の寺社巡りへ
いつものことで一日に多くを参拝する、おやじから見ると忙しい寺社巡り
まあ、それならそれでいい
今回は泊りでもあり、温泉に入れればそれで充分、喜んで運転手を務めよう
二か所だけはコースに入れてもらう

かみさんが練りに練ったコース、当然御朱印目的となります
名古屋を7:30東名阪に乗り神名神高速道路経由で甲賀土山を目指し出発
01
名古屋から途中休憩を挟み最初の目的地「田村神社」到着が9時30頃
朝一番という事で参拝客はちらほら

厄除の祖神で坂上田村麻呂を主祭神とし、嵯峨天皇、倭姫命の2柱を祀る
田村神社は近江と伊勢の国境にあり、都から伊勢に詣でる交通の要所と云われます
坂上田村麻呂は鈴鹿峠に住む鬼を退治し交通の安全を保ったことに加え、延暦年間に東北に出征しこれを平定した
812年(弘仁3)に嵯峨天皇は坂上田村麻呂をこの地に祀った事に始まると云われ、交通安全の神様、厄除の神として崇敬されるようになった
拝殿前には大きな破魔矢、毎年2月17日~19日の3日間 『厄除大祭』が行われ、境内を流れる御手洗川に歳の数だけ豆を流す事で厄が落ちる厄豆落しは多くの参拝客で賑わいます

田村神社
創建 / 812年(弘仁3)
祭神 / 坂上田村麻呂、嵯峨天皇、倭姫命
住所 / ​滋賀県甲賀市土山町北土山469
04
おやじリクエストの信楽院
浄土宗のお寺で奈良時代前期、聖武天皇の勅建と云われているが定かではない
中世、この地方を統治した蒲生家の菩提寺で、安土・桃山時代に当地に移されたと云われます
日野出身の江戸時代の画家高田敬輔(1674年~1756年)が本堂に描いた力感溢れる「雲竜」の天井画は6枚に渡る、仰向けになり眺める天井画は時の経つのを忘れさせてくれる
この地を訪れた際に是非とも見ておきたかったところ
県指の文化財に指定されている本堂や書院などがあります

信楽院
宗派 / 浄土宗
本尊 / 阿弥陀如来坐像
住所 / ​滋賀県蒲生郡日野町村井1500
03
日野町の最高峰綿向山の頂に鎮座していたが、796年(延暦15)里宮として現在地に祀られる
蒲生上郡の総社でこの地を支配した蒲生家が氏神として庇護し、江戸時代には日野商人が出世開運の神として崇敬され、日野商人の寄進による本殿や燈籠、石橋が残る
亥年の今年は12年に1度の焼き印絵馬を求めに参拝客で賑わう神社です

馬見岡綿向神社
創建 / 796年(延暦15)
祭神 / 天穂日命、天夷鳥命、武三熊大人命
住所 / ​滋賀県蒲生郡日野町村井705
06
一旦遅めの昼食を摂る、予定していた時間を大幅に超え(おやじの影響)でランチはスルーとなり
久し振りのエビカツバーガー(おやじ的にはこれが最高)、チャレンジャーはずっと騒いでいた麻辣なんとかでランチ
02
県道541号線を挟み西本殿、東本殿とあり、延喜式神名帳に長寸(なむら)神社として列座された格式高い神社で、楼門を始め複数の重要文化財が残ります
西本殿は開けた場所に鎮座、東本殿は周囲を杜に囲まれた境内に鎮座しています

苗村神社
創建 / 不明
祭神 / 国狭槌命(西本殿)、大国主命、素盞嗚尊(東本殿)
住所 / ​滋賀県蒲生郡竜王町大字綾戸467
05
ラコリーナ近江八幡
和、洋菓子、パンがあり、ラコリーナ(丘)の名が示すように自然を身近に楽しめます
おやつに焼き立てバームクーヘンとコクのあるコーヒーを頂く、天気予報は外れ、今にも雪が降りそうな空模様、想定外の寒さにこの温もりはありがたい
甘い物に目のない彼女、悩み続ける彼女の背中を押し右のハートブラウニーを土産に買い求める

屋上緑化の建物は緑が綺麗な頃に訪れると目の保養になるのでは
これ以降、車の振動は厳禁と指示が出るが・・・・・と云われても

ラコリーナ近江八幡
滋賀県近江八幡市北之庄町615−1

昨日までの温かさに誘われ、ショートコートで来たかみさんにはこの風は辛い
もう一つ回る予定はキャンセルし今夜の宿に向かう事に
07
午後4時には今夜の宿、国民休暇村近江八幡東館にチェックイン
休暇村は初めて利用したけれど、部屋も料理も想定外でなかなか好感度良し
年配客を意識したコンサートなど演出もあり賑わっていました
平日という事もあり、お子ちゃまや海外の観光客も皆無、落ち着いた印象を受けました
琵琶湖を望む露天風呂を満喫し、おやじ的には何よりありがたい
これから選択肢の一つに加えてくれないかな?

国民休暇村近江八幡東館
住所 / 近江八幡市沖島町宮ヶ浜

中村バス停から派手派手のバスに乗る事5分程で内宮に到着
1
事前に調べた混雑予測「普通」は信用できそうです、駐車場のバスは意外に少ない
天候も傘をさすか迷う程度に雨が上がってきました、予報通り回復に向かっています
3
鳥居左の内宮由緒書き
2
内宮への入口、五十鈴川にかかる宇治橋の前で一礼
4
宇治橋から眺める五十鈴川は雨の影響でささ濁り
5
神苑から参道を進み御手洗場に向かっていきます
6
御手洗場で清めを済まし、参道に戻ります、途中に右手進む道を少し行くと滝祭神に続きます
時間に余裕がある方は参拝されるといいのでは
7
石段前から内宮、これほど空いた時に参拝するのは初めてかもしれない
ゆっくり参拝しお礼を伝える事が出来ました
8
上段 御稲御倉 下段 外幣殿 
高床式の神明造り全貌が良く見てとれます
9
上段 別宮 荒祭宮 祭神 / 天照大御神荒御魂
下段 神楽殿から奥の授与所方向の眺め
授与所の左向いに進むと別宮 風日祈宮へと続きます、御朱印待ちがあれば廻りたかったところ
10
今回はかみさんの外宮・内宮の御朱印が優先
内宮全てを廻りきれませんがまた次回のお楽しみです
お伊勢さん、そこはいつ訪れても厳粛で特別な世界です
皇大神宮(内宮)
祭神 / 天照大御神
鎮座 / BC4年(垂仁天皇26)
住所 / 三重県伊勢市宇治館町1
10.5
かみさん満足、これで外宮・内宮含めて5枚の御朱印目標を達成
次はおかげ横丁と猿田彦神社に向かいます
11
宇治橋から右に進めばおかげ横丁
通りは人で溢れる苦手なシチュエーション
12
随分とオシャレな店が増え、食べ歩きが楽しめる通りになっています
伊勢角谷麦酒の地ビールとカキフライに吸い寄せられ燃料補給、お疲れ様の乾杯!
13
上段 伊勢萬内宮前酒造場でおかげさま原酒を一杯、これが美味しくて買って帰りたかったが、残念ながら在庫なし
下段 豚捨、ユニークな店名ですが明治から続く老舗の精肉店で食事処
店頭販売のコロッケとミンチカツに魅かれたかみさん、どちらにするか悩んで決めきれない
「半分食べるよ、両方買えば」の一言で問題解決、揚げたては美味い!
どちらも味わう事が彼女の好奇心も満たされ満足〃
14
お腹もいっぱい一休みしたいところですが一旦おかげ横丁を離れ猿田彦神社へ
15
豚捨​からおはらい通りを北に向かい、県道32号線の宇治浦田町交差点まで徒歩10分程
交差点前方の右側の杜が猿田彦神社です
16
県道沿いに建つ社号標と由緒書き
17
凛々しく胸を突出す苔むした狛犬達
19
上段 境内右にさざれ石  下段 手水舎左の子宝池
20
境内右の佐瑠女神社
天宇受売命は猿田彦のかみさん
天岩窟に籠った天照大御神を妖艶な舞いで再び呼び戻し、天津神と国津神の仲を取り持った神様でもある
縁結・俳優・神楽・技芸・鎮魂の祖神として崇められる
21
上段 猿田彦神社鳥居から二重の破風を持った「さだひこ造り」と呼ばれる拝殿全景
下段 佐瑠女神社から見た拝殿から本殿、右の参道から本殿を回り込み神田までつながります

啓開の大神を祀る事から境内には縁起のいい八のものが多く奉納されています
鳥居から始まり、方位石、佐瑠女神社本殿・・・・・八を探して行くのも面白いかも
22
切妻妻入りの本殿を眺めながら左に回り込むと神田が広がります
猿田彦神社
祭神 / 猿田彦大神、大田命
創建 / 不明
猿田彦大神の子孫、宇治土公家が代々宮司を務める
住所 / ​三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

佐瑠女神社
祭神 / 天宇受売命
創建 / 不明
23
神宮鎮座地を求めこの地を訪れた倭姫命に、猿田彦は聖地を献じお伊勢さんが創建されます
お伊勢参りで時間が許せば訪れておく神社なのかも

そろそろ遅めのおやつの時間です
おかげ横町に戻ります




伊勢うどんを堪能し山口屋さんを出たのが11:30
相変らずの雨の中、徒歩で伊勢市駅のバスターミナルへ
1
伊勢市駅から内宮行のバスで5駅先の「微古館前」を目指す
2
温かい車中で睡魔が襲い始めた頃にかみさんに呼び戻してもらう、時間にして15分のバス移動
外は相変らずの雨の中バスを降りる、バス停の前から倭姫宮(やまとひめのみや)の鳥居が見えている
内宮と外宮を結ぶ御幸道路の中ほどにある倉田山に位置し倭姫命を祀る神社です
御幸道路は明治天皇の神宮行幸の際に車で参拝可能な道路を作る目的から倉田山を切り開いて造られた道です
・・・・・かみさんは御朱印目指しさっさと杜に消えたようです
3
雨に霞む参道、訪れる参拝客は少ない様です、女性一人で回られているのが目に付く
幻想的な杜の中玉砂利の音が・・・・・ではなく、こちらはやたらとカラスの鳴き声が響き渡っています
4
参道の右の石段を登ると参道の先に杜が開けて倭姫宮が視界に入る
倭姫宮は14の別宮のひとつ
祭神の倭姫命は垂仁天皇の皇女で日本武尊の叔母にあたり、日本武尊に熱田神宮の御神体「草薙の劔」を授けたと言われ、天照大御神を祀るに適した場所を探し求め、この伊勢の地と巡り合ったされます
伊勢神宮創建の功労者で神宮の多様な祭礼や儀式の礎を築いたが、倭姫命自信を祀る神社は無かった事から1921年(大正10)に皇大神宮別宮として創立された新しい御宮
神殿は他の別宮同様に茅葺切妻で平入りのシンプルで直線的なもの
倭姫宮
祭神 / 倭姫命
建立 / 1921年(大正10)
5
宿衛屋で待つかみさんは既に御朱印を手に次に行くよ云わんばかりで待機中
裏参道から神宮微古館方向へ向かいます、上段は神宮微古館側の鳥居
6
鳥居の真ん前が神宮微古館
初の私立博物館として1909年(明治42)創設された博物館らしい、一度も入館した事がないので
良くわからないけれど中身より外見の方がそそられます、時間さえあれば一回りしてみたいところ
7
神宮微古館から左に歩き御幸道路に戻り、バスで4駅先の月讀宮へ向かいます
8
倭姫宮からバスで5分程で中村バス停に到着、緩やかに下る坂を約5分程戻ります
やがて右側の杜が開け月讀宮の鳥居が見えて来ます
雨は小降りになってきたました、杜に包まれた参道を進むと木々の間から4つの社殿が見えて来ます
境内右から月讀荒御魂宮、月讀宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮の別宮が横並びに鎮座します
9
案内板に従い参拝していきます、静かな杜に拍手が響き渡ります
10
参拝順に
上段左が月讀宮、右が月讀荒御魂宮
外宮別宮の月夜見宮と同じ月読尊が祭神で月の満ち欠けを教え暦を司る神様
下段左が伊佐奈岐宮、右が伊佐奈弥宮
祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊
日本の国土を形作り天照大御神、月読尊の親神が並んで鎮座しています
大きさは多少違う様に見えますが、千木、鰹木も瑞垣も同じ、一つずつにしてしまうとどれがどれやら

月読宮
祭神 / 月讀尊    伊弉諾尊、伊弉冉尊
創建 / 804年(延暦23)以前
月読荒御魂宮
祭神 / 月読荒御魂
創建 / 804年(延暦23)以前
伊佐奈岐宮
祭神 / 伊弉諾尊
創建 / 804年(延暦23)以前
伊佐奈弥宮
祭神 / 伊佐奈弥宮
創建 / 804年(延暦23)以前


月読宮の裏参道に向かうと鳥居の左の小高い場所にひっそりと鎮座するのが葭原神社
内宮の末社で田畑を守護する五穀豊穣の神、佐佐津比古命、宇加乃御玉御祖命、伊加利比賣命の三神が祀られる
11
葭原神社
祭神 / 佐佐津比古命、宇加乃御玉御祖命、伊加利比賣命
創建 / 858年(天安2)以前
11.5
御朱印も頂き月讀宮を後にしてようやく中村バス停から内宮に向かう事に
12
間もなく派手派手のバスがやってきた、伊勢駅前で見かけた電気バスです
車内はシートから内装までお子様には受けそうなデザイン
時間は14時前、雨も小降りになってきました

倭姫宮
住所 / ​伊勢市楠部町5
月読宮
住所 / 伊勢市中村町742-1

2019/02/06
かみさんの希望だったお伊勢さん参拝へ
伊勢神宮の混雑予測で今日は「普通」だったのでこの日に決定したけれど
現地の天気は生憎の雨予想
今一つ気分は下向き矢印、しかし電車移動です景色を眺めながら酒が飲める、雨は受入れよう上向き矢印
近鉄名古屋駅を8:10発の特急で一路伊勢市へ
1
松阪を過ぎたあたりから車窓の外は雨、天気予報は良く当たるもんです
ここは午後から晴れの予報も当ってほしいものです
近鉄「伊勢市」駅到着は9:50
外宮行のバスは行ったばかり、目と鼻の先の外宮前までひと歩き
1.5
駅から外宮前までは徒歩10分程で到着、バス駐車場はガラガラ、海外からの観光客も見当たらない
意外にも空いている、混雑予測は信用できそうですよ
今日は急かされる事無く静かに参拝出来そう
1.7
静まり返った参道に玉砂利を踏みしめる音だけが響く
2
その先に雨で霞む豊受大神宮(正宮)が見えてくる、神聖な空間というか空気が漂う
昨年一年が平穏に暮らせた事に感謝し参拝
『豊受大神宮』
祭神 / 豊受大御神、衣食住、産業を司る
創建 / 478年(雄略天皇22)
唯一神明造りと呼ばれ、茅葺屋根、桧の素木を用いた切妻・平入りのシンプルで直線的な高床式社殿
20年に一度、古来より現在に続く式年遷宮が行われ、宮地変えを行い社殿や神宝を作り替えます
宮大工等の伝統技術を継承する意味からも重要な式典でもあります
3
上段右『多賀宮』
亀石を渡り、左の小高い丘に続く98段の石段を上った頂きに鎮座します
祭神 / 豊受大御神荒御魂  
創建 / 478年(雄略天皇22)
上段左『風宮』
石段の手前左側に鎮座
祭神 / 級長津彦命、級長戸辺命  風雨を司る
創建 / 1293年(正応6)別宮に昇格
下段左『土宮』
石段の手前右側に鎮座
祭神 / 大土乃御祖神  宮域の地主神、宮川堤防の守護
創建 / 1128年(大治3)別宮に昇格
下段右 外宮入口に掲げられた外宮域案内図

外宮の4つの別宮のうち「月夜見宮」は北御門から「神道通り」を西に向かいます
3.5
「神道通り」は神様が通る道とされ、北御門前に建てられた道標と提灯が導いてくれます
雨は止んでくれませんね、肌寒く感じます、スキットルから酒をちびちび、暖を取ります
それにしてもかみさんの歩くペースは速い、御朱印パワーなのか?
4
上段左『月夜見宮』鳥居
北御門から10分程歩いた突き当りです
下段左『月夜見宮』
祭神 / 月夜見尊、月夜見尊荒御魂 夜の神、月の神  
創建 / 1210年(承元4)別宮に昇格
上段右『月夜見宮』神域の左隅の古木の前に鳥居、その先にお狐様が
御朱印を書いて頂いている際に尋ねたところ、「お稲荷様です、地元の方が祀られたもので直接関係はない」との事
下段右 参道にはちらほらと梅も咲き始めました

想定していた時間よりは快調に巡れていますがそれにしても冷たい雨です
ここから歩いて5分程にある伊勢うどん「山口屋」を目指すことに
5
山口屋へは11:20分到着、素朴なうどん屋の趣
暖かい店内、壁には色紙が多数飾られていて、メディアにも多く取り上げられるお店です
伊勢うどんのバリエーションが豊富で、伝統的な製法に拘った伊勢うどんを提供してくれます
揃って月見うどん(@600)を注文、一見辛そうに見える黒い汁ですが全くそんなことはありません
鰹の効いた出汁とふわふわの麺に卵が全体をマイルドにしてくれます
何より暖かいのが嬉しい、美味しく頂きました
6
体も暖まったところで次の目的地、外宮と内宮の中間にある倭姫宮を目指します
一路、伊勢市駅に戻りバスで向かいます

外宮 / 三重県伊勢市豊川町
月夜見宮 / ​三重県伊勢市宮後1丁目3−19
山口屋 / ​三重県伊勢市宮後1丁目1−18

↑このページのトップヘ