最強寒波が東海地方にも来襲、深夜から雪が舞う


 子供の様に翌朝が楽しみになる


いつもは家の前を表通りの渋滞を避け、通り抜ける車が多いけれど


 この日ばかりは昔の静けさが戻ってくる


この静けさと音もなく降り積もる雪、水墨画の様な世界がなにより楽しみ


 日泰寺までちょっと行ってくるわ(❤何しに?)
10251
思ったほどの積雪にはならなかったものの日泰寺の山門は白と黒のシックな色合いで

 佇んでいた
10252
グレーの空をバックにシルエットがはっきりと浮かび上がり浮き立って見えます

 こんな日でも参拝に訪れる方もチラホラ
10253
 屋根の勾配が今舞い降りた鳥の翼の様に広がる
10254

 周囲は雪に包まれて五重塔全体が浮き立ち、相輪も鉛色の空に真っ直ぐ伸びる

鐘楼の瓦も雪に包まれ輪郭がはっきりしてきます
10255
初めてこんな近くで梵鐘の全周を撮ってみた

拡大すると中帯の上下の彫も読み取れる
10256
 定点撮影「冬」
10257

 築後年数は経ていないけれどこれからです

京都、奈良に行かなくても情緒があります
10258
千躰地蔵堂、今朝は人の写り込みを気にしなくてもいい
102513
千躰地蔵堂の東隣り、足跡はなし(妙にうれしい)
102514
雪に埋もれ、じっと耐え忍んでいるように見えてしまう地蔵さん
10259
雪が降っていてほしいなァ
102511
参拝に訪れた形跡なしです、一番乗りでしょうか(❤単なるもの好き)
102512

 馬頭観音は大きな木の下にあるおかげで思ったほど積もっていない、余裕の表情に見えます

 雪の室生寺の写真を撮りに何年か通った頃がありまして

一面の銀世界に建物と自分の足跡入れた写真に一人喜んでいたのを思い出す

 スライドの時代ですけど

もう少し降ってほしかったなァ・・・・・(❤会社いくんでしょう、大変じゃない?)

 でも、雪の日ならではの趣と静寂なひと時を味わえた雪の覚王山​「日泰寺」​です

 

2018/1/26

日泰寺
住所 / ​愛知県名古屋市千種区法王町1-1
アクセス / 市営地下鉄東山線覚王山下車