尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

カテゴリ: 神社・仏閣

春日井市小木田町「小木田神社」
小木田町の名由来はこの神社からついた町名だという。
1
小木田神社社頭全景。
境内を取り囲む様に杜があり、石の神明鳥居と左に社号標があります。

訪れた際は社頭の前の狭い通りは、以外に交通量が多い印象を受けました。
また参拝者駐車場は見かけませんでした。
2
社頭左に立派な花崗岩のプレートに小木田神社の由緒が刻まれていた。
「神社名 小木田神社
鎮座地 春日井市小木田町147番地。
祭神 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊。
合祀の御祭神 興津比古命、菅原道真。
祭礼日 4月16日
沿革
当社の創建は定かではないが、古伝によれば養老3年(719)という。
明和5年(1768)に再建した棟札がある。
郷社であり、古く天王社と云われた。
小木田の名はかつては村名となったこともあるが、篠木荘中の古村であった。
天 ?2年に境外社であった林島の荒神社と? 大臣の天神様とが本社に合祀され、関田村の産土神として多く???から崇められてきた。
尚、県指定無形文化財の源氏天流棒の手が祭礼に奉納されている。
境内末社
神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社」

読みにくい部分もあるけれど、しっかりと書かれていてわかりやすい。
3
鳥居の先の狛犬。
狛犬も派手な彩色が施されたものを見かけるけれど、個人的に好きにはなれない。
僅かに彩色がされ、これくらいなら許容範囲の上品な化粧。
4
境内左に自然石の手水鉢、緑鮮やかな楓の木が手水舎だ。
4
手水鉢から拝殿方向の境内の眺め。
この時期の緑はしっとりとしながら鮮やかで、目には優しいものがある。
6

境内右の覆屋、その下に正方形の石枡。

同じく境内右外れに義勇奉行公碑。
7
源氏天流棒の手碑
棒の手、主に棒を使った武術的な民俗芸能で、尾張や三河に多くの流派が伝承されています。
源氏天流とは、清和天皇の子孫源義家を流祖とされ、戦国時代の実践的な古武道の型をそのまま伝えた豪快な点が特徴とされるそうです。

明治時代になって現在の名古屋市守山区から春日井市の旧関田村(現在の小木田町)に伝わったようだ。
小木田の棒の手は、源氏天流の棒の手復興に努力した河野萬三郎義次、加藤平輔義平などが明治21年(1888)に相伝目録3巻及び免状1巻を小木田神社に奉納したことにはじまるという。

現在「小木田町源氏天流関田棒の手保存会」が保存・伝承活動を行っているそうで、毎年、地域の氏神である小木田神社とここから少し西の貴船神社、名古屋市熱田区の熱田神宮の祭礼には棒の手を奉納しているという。
8
境内左に注連縄が吊られた小さな堂。
雨が降る中、地元の方が本殿とこちらで手を合わせていく姿を見かけました。
堂の左右に石塔と二体の石像が安置されています。
解説らしきものはなく、像はどちらも風化は激しく像容は分かりません。
9
拝殿全景。
社殿はコンクリート工法で作られた新しいもの。
左に狛犬が見えますが、これは末社を守護するもので、拝殿前に狛犬は配されていません。
10
切妻平入拝殿に向拝が施されています。
11
拝殿の扁額と拝殿、幣殿の眺め、桐が神紋のようです。
12
拝殿左の境内末社が纏められている。

末社の左に注連縄がかけられた石標があり、文字は刻まれているが全てが読み取れず不明。
13
末社を守護する狛犬。
14
板宮造りの社が7社並んで祀られています。
奥から順に神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社。
15
末社から見た本殿、外削ぎの千木と鰹木が見られる。
16

拝殿から鳥居方向の境内の眺め。雨の日の境内はこんな感じです。

拝殿の西側に脇参道があり、鳥居の先は小木田公園になります。

「小木田神社」創建は不明ながら、この辺りの産土神として今も崇敬され、源氏天流小木田棒の手と共に次の世代に受け継がれていきます。
2020/06/13

「小木田神社」
創建 / 不明、1768年(明和5)の棟札が残る
祭神  / 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊
境内末社 / 神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社
住所 / 春日井市小木田町147
公共交通機関アクセス / JR中央線春日井駅から​北に徒歩10分程

東区筒井町4

01
東区筒井1丁目のもと屋根神様から東に5分程、幼稚園の東の通り沿いに湯取車納庫があります。
住宅街にあって二本の杉の木と幼稚園のクスノキの存在が目印になるか。
02
こちらの湯取車納庫の間口の左、玉垣で区切られた一画が目的地。
ここ筒井町から出来町周辺にかけて山車が多く保存されています。
筒井町には湯取車と神皇車の二台があり、筒井町天王まつり(毎年6月)ではそれらが町内を曳き回されます。そうした事もあり、この一帯には天王社、津島神社などを祀る小さな社が点在します。
04
 正面に回り込み社全景を眺める。
木の常夜灯の先に6本の鰹木と内削ぎの千木が施された神明造の社が鎮座しています。
通りからは目立たなかったが小さな狛犬もいるようです。

こちらの社も以前は屋根神として軒下に祀られていたものだという。
古い区割りが残る地域だけれど、時の流れとともに街並みも変わり屋根から地上に降りるしかないのだろう。

秋葉神社、熱田社、津島神社を祀るこの社、近年再建されたようで、名古屋開府400年記念として2010年に建て替えてもらったようです。
山車を受け継ぐ風土があったからこそ、環境が変わってもこうした屋根神さまが大切にしてもらえるのかもしれない。

月次祭(1・15日)には秋葉神社、熱田社、津島神社の提灯が吊るされ、幕も張られてドレスアップした姿を見られるようです。
03
 社を守護する彼らの年代は不明ですが、随分と年月が経っているようです。
角の取れた丸い面々が社を守護しています。
社がいつ頃地上に降りたのか分からないけれど、その時からここで守護しているのだろう。
彼らの様に歳とともに丸くならないとね。
2020/06/30

東区筒井町4 「秋葉神社、熱田社、津島神社」
創建 / 不明
祭神 / 不明
住所 / 名古屋市東区筒井町4-20
アクセス / 市営地下鉄桜通線「車道」駅下車北に、​筒井1丁目の屋根神様経由で徒歩15分程
関連記事 / 三叉路の角地に鎮座する社は「屋根神様」


春日井市上条町3丁目
「延命地蔵」
上条町3の不明社から上条城址に向かう途中の道すがらで見かけた地蔵堂。
200
狭い交差点の角、民家の敷地の一画を間借りするように建てられた地蔵堂、その奥には案内板らしきものも見える。
201

場所が場所だけにどうなんだろう、もしや過去の事故の慰霊なのか、せっかくなので寄り道する事にしました。
堂の中には白い石像とお花が供えられています。
202
縁起には以下の様に書かれていました。
「延命地蔵様を建立することになった由縁は、当時比較的若年層の不幸が町内で続き、あるところへ伺いを立てた所「その昔、池に身を投げた娘の霊がこの地域にある」という事を知りました。
そこで町内会の皆さんと相談した結果、これらに纏わる先人達の霊を慰め、また、若くしてこの世を去った御霊を供養し、合わせてこの地域の人々の延命を祈念するため寄付を募り、昭和57年9月23日に建立されました。
上三町内会では年に一度の良き日に、近隣町内の方や多くの子供達も一緒に延命地蔵様の前で大祭を開催し、町内の安全と厄除けり祈願をしています。
平成17年9月23日 上三町内会」
no title
「その昔、池がこの地域にある」という事なので、少し遡って見ると、上条町内には昭和の初期まで2つの池があったようです。(地図左の丸部分)
現在は埋め立てられ、宅地化され痕跡すらありませんが、調べて見ると庄内川が氾濫した際に出来たとされ、庄内川、内津川の伏流水が湧き出し、池底は非常に深かったそうです。
由緒に記された池とはこの二つ池のどちらかを指しているのかもしれない。
203
地蔵堂の中には前掛けが掛けられた、白い延命地蔵が一体祀られていました。
表情はとても穏やかで、小さな像ですがこの地域に住む方々の延命の願いを一身に担っている
普段はひっそりと佇む地蔵さま、年に一度の良き日がいつなのか分かりませんがきっと賑やかなのかもしれません。

新しい地蔵さまですが、地域には必要不可欠な存在の様です。

上条町3の「延命地蔵」
建立 / 1982年(昭和57)
住所 / ​春日井市上条町3丁目
アクセス / 春日井市上条町3の不明社から南に5分程
関連記事 / ​上条町3不明社

春日井市上条町4
上条城址から西に1分程歩くと細い道の交差点があります。
その交差点の角に切妻瓦葺屋根の四方が吹き抜けの覆屋があります。
111
 道路前方の左側に一本だけポツンと聳える樹が見えますが、そこが上条城址なので本当に目と鼻の先。
この右手には上条城の城主だった林氏の立派な蔵があります。

交差点の北角に佇む覆屋、よく見ると中に神棚が見えます。
112
 交差点の南側から覆屋を正面から見る。
土足で入っていいものなのか悩む、覆屋と呼ぶには立派なものです。
113
 中には板宮造りの二つの社が祀られています。
どちらも注連縄も新しく、扉は開け放たれています。
114
 左手の社には石の御神体が祀られているようで、右手の社には真新しい神札が見て取れます。
覆屋の中に入り間近に見ればいいのだろうが、やはり入るには気がひける。
覆屋の前から参拝させて頂くこととした。
115
 社の中をコンパクトカメラで目いっぱい引いて見た。
ここまでが精いっぱい、右の社は津島神社(天王社かもしれない)。
左の花崗岩の御神体には漢字二文字が刻まれているようです。
色々調整をしては見たが、下の漢字は王と読めるけれど上が分からない。
猿の様にも見えなくもない、猿王…猿王社?、龍でもあるまい。

上条町を厄疫から免れるためにここに祀られたものと思われますが、いつ頃の創建なのか含めこちらの詳細は分かりませんでした。
注連縄や神札などが新しいことから町内で崇敬され、ここを中心に人とのつながりが出来ていると思います。

「津島社」
創建 / 不明
祭神 /   不明
住所 /  ​春日井市上条町4
上条城址からのアクセス /  ​​徒歩で西に1分
関連記事 /  ​上条城址

春日井市上条町3
1
 JR春日井 南口から徒歩で10分もかからない、大きな工場の南の通りを東に進む。
右側に公園が現れその先で道は二手に分かれます、目的地は三叉路の角。

写真は振り返った道筋の絵なので公園は左になっています。
2
 小さな側溝沿いの角に聳える2本のシュロが目印。

シュロ、弘法大師が持ち帰り寺院に植えたともいわれるけれど、以前我が家の庭で一人生えし最初は南国情緒が漂い、真っすぐに伸びる事もあり、気持ちもいいんじゃないのと放置。
気が付けば剪定に手を焼くこんな高さまで育ってしまい往生した事がある。
それと同じだ。皮はタワシ代わりにもなり重宝していたが成長の早さには驚いたものだ。
この社の鎮守の杜はこのシュロなのかもしれない。
3
 二本のシュロの先に民家に溶け込む様に小さな切妻の覆屋が見えると思います。
ここが今回の目的地になります。
今回もこの社の情報は皆無、なので不明社として記載します。
4
 社の正面全景、周囲はアルミの柵で囲われ、小さな境内の覆い屋の下に板宮造りの社が祀られています。
扉は開け放たれているので地域のものだと思います。
5
 社の前に供えされた榊は新しいもの、小まめにこちらを訪れ手入れをされているようです。
この町内の氏神様なのでしょう、何か分からないねのか、調べて見ましたがやはり詳細は掴めませんでした、社の扉は閉ざされ、神札から判別することもできませんでした。

下は左が1938年の社地で右が現在、どちらにもそれらしいものは記されていません。
とすれば現在の区割りが整った頃と想定すると、意外に最近の事なのかも知れない。
社名は分からないけれど、参拝に訪れて感じたのは、何らかの意図をもってここに社が必要とされ祀られ、それが現在もこうして面倒を見てくれる方がいて受け継がれている事。
通りすがりのおやじに意図を明確にする必要はなく、ここに住まう方が知っていれば十分なのかもしれません。
000
 社の事は分からなかったけれど、左のJRの駅名に新たな気付きを見付けました。
「JR鳥居松駅」の表記、春日井駅は春日井駅だろうとずっと思っていた。

1900年(明治33)に名古屋駅 ~多治見駅間が開業したけれど、当初は勝川駅~高蔵寺駅間には駅がなかったそうです。
その後、鳥居松村の有力者を中心として駅の開設運動が起こり、1927年(昭和2)「鳥居松駅」が誕生したそうです。
1943年(昭和18)に鳥居松村含めた4町村の合併により春日井市が誕生し、3年後の1946年(昭和21) に春日井駅に名を変えたという、春日井駅は鳥居松駅だった、このことがここに訪れて得られた収穫。
2020/6/13

不明社
創建 / 不明
祭神 / 不明
住所 / ​春日井市上条町3
公共交通機関アクセス / JR中央線「春日井」駅下車、​南口から東へ徒歩5分程

↑このページのトップヘ