尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

カテゴリ: 史跡

名古屋市緑区大高町中ノ島
あれ、ここのあたりは東海市だと思い込んでいたが名古屋市なんですね。
前回記載した名和町寝覚「神明社」から東に歩いても2~3分程、寝覚めではないのか。
1
神明社の鳥居から常滑街道を東に進み「大高町砂畑」交差点を右に進みます。
正面の小高い山は火上山、今回の目的地「寝覚の里」はこの通り沿いにあります。
2
通りからだと木々の生い茂る未造成の区画にしか見えないかもしれない。
左手の解説板が目印か。
3
寝覚の里入口。
4
右側に「史蹟 寝覚の里」
5
寝覚の里
「ここは、日本武命と宮簀媛命が新婚のひと時を過ごした館があったとされる所。
当時海辺であったこの地、毎朝寄せてくる潮騒に寝覚めを得ていた。
そのことから里人はこの地を「寝覚の里」と呼んできた。
初めはここよりやや東の田の中に塚が設けられていたが、伊勢湾台風で散逸。
現在の碑は昭和35年この場所に再建されたもの。」

碑文は識別不能な文字もあるので勝手に要約すると
「大高の里の寝覚の地名は、1800年の昔、倭武天皇が火上の御座所にいたとき、毎日朝になると波の音に目覚めたところから付いた。この地名を末永く伝えるために碑を残す 明治43年10月 熱田神宮宮司」という感じだろうか。
6
石碑が建つ一画は一段高く盛られ、区画を囲むように樹木が植えられている。
碑はその奥に建つ。
7
石碑全体像。
8
碑文拡大。
この石の紋様、なかなかのもの。
9
景行天皇より東征を命じられた日本武尊、伊勢神宮で倭姫命より草薙神剣を授かり、当時尾張国を治めていた乎止与命の館のあった氷上山に立ち寄りそこで宮簀媛命を見初めたという。
日本武尊は東征を果たし、再びこの地に凱旋し、宮簀媛命と妃として迎え、氷上館にとどまり打ち寄せる波の音を聞きながらひとときの平和な日々を過ごしていた。
その場所がこの地「寝覚の里」とされ地名の由来となっている。

当時は波打ち際か迫っていたこの地も、新田開発や干拓により海岸線は遠く離れ、川はコンクリート堰堤により河口も沖へと伸びていき、今では潮騒は聞こえない。
ロマンス漂うこの地も碑が建てられた頃とは様変わりして民家が立ち並び、道路は整備され車の往来の多い土地柄となりロマンスを感じるどころではないかもしれない。
また浦島太郎とは無縁の様だ。
2021/07/19

寝覚の里
所在地 /  名古屋市緑区大高町中ノ島19
名和町寝覚 「神明社」から徒歩ルート /  ​東に進み大高砂畑交差点を右に数分
関連記事 /   ​火上山の麓、800年の歴史を持つ「神明社」​ 、 『氷上姉子神社』 名古屋市緑区大高町

吉田城址


000
 春日井市下条町の八幡社で吉田城址を公園整備中複数の大きな石が見つかり、神社に一つ移されたとあったことから訪ねて見ました。
八幡社から北に向かい王子町の交差点で西方向に向かいます。

この周辺で遠景写真を撮ると必ず写り込んでくる製紙会社の赤白の煙突。
ここまで来ると見上げる高さに迫ってきます。春日井のランドマークと云っても過言じゃない。

この工場が稼働を始めたのは昭和27年頃、当時は田畑が多く長閑な景観だっただろう。
名古屋のベットタウンとして宅地化が進み、現在は工場を取り囲む様に住宅が広がっています。
004
 上は1894年(明治24)頃と現在のこの辺り移り変わり。
現在の下条公園が赤のマーカーになります。
明治の頃にして既に地図上に城の痕跡はないようです。
以前訪れた上条城址には石積みなどの遺構を見ることができましたが、吉田城址に遺構らしきものは皆無。
001
 下条公園から北の眺め、この正面に施錠された石碑がありますが、それは公園の竣工碑。
竣工碑、柵で囲って施錠までするんだ。
という事で城址の碑はどこよ。
002
 吉田城址の碑は公園の南側の東角に建てられていました。
囲いもなく、間近で見ることができます。
とはいえ碑だけしかないのですが。
003
この碑の台座になっている大きな石、根拠はないけれどこれも公園整備で見つかった岩が使われているのかな。
吉田城
室町時代に築城された日本の城(平城)。
但馬国で出生した小坂吉政(1466年(文正元年)~ 1517年(永正14))が但馬から、応仁の乱の頃に京都に入り織田敏定の家臣となり尾張国に入った。
当初奉行所として館を建てた事が城の始まりのようで、やがて土塁や堀を築かれ、当初は柏井城と呼ばれていたらしい。
その後吉政が吉田孫四郎吉政と改名したので吉田城と名乗るようになった。

1554年(天文23)の清洲攻めの際、当時の城主であった小坂正氏が清洲城の南西で討死。
跡継ぎのいない正氏死後、城は放置されていた、織田信長は前野宗吉の母の生家だった、小坂家と城を継がせ、小坂孫九郎尉雄吉と名を改めた。
こうして小坂雄吉は、ここ吉田城と上条城の城主になっていった。
信長亡き後の1584年(天正12)、小牧・長久手の戦いに於いて羽柴秀吉が休戦と引き換えに官職を解き、吉田城や上条城、小牧にある諸城の取り壊しを命じられ廃城になった。
現在はそれを伝えるこの石碑のみがかつてここに城があった事を伝えています。

小坂雄吉のその後についてはよく分からない。

吉田城の絵が欲しいところですが生憎見つけきれません。
「勝川郷土資料館」に古い地籍図などが展示されているようなのでこちらを訪ねると城の痕跡が見られるかも知れません。

吉田城址

築城 / 室町時代
初代城主 / 小坂吉政
遺構 / なし

住所 / ​春日井市下条町3-10-4
公共交通機関アクセス / JR中央線​「春日井」駅から南西に徒歩30分
下条 八幡社からのアクセス / ​八幡社から北へ王子町の交差点を西に
関連記事 / 春日井市下条町795 八幡社​  ​上条城

今回も春日井市

JR春日井駅から直行すると10分ほど、春日井市上条町3の不明社経由で西に歩く事15分程で上条城跡に着くのではないでしょうか。
1
 目標となるのは1本の木が聳えるこの石碑、というか右側の駐車場かもしれません。
東西に長い駐車場の西角に建つ石碑が上条城跡。
2
どこかに遺構はないのか?
右は整地された駐車場で痕跡らしきものは見当たりません。
3
 城址を示す石標があるのかと思えば、自分が見た限りそれらしい石標は見当たらない。
石碑正面にそれらしい事が彫られているのでは?と近づいて見るも、この碑には「林金兵衛君碑」とあり、その下に細かい文字が碑の全面に彫られている。

林金兵衛(1825年(文政8)~1881年( 明治14))を調べて見ると、初代東春日井郡長で今井兼平から数えて林家の28代目にあたり、上条城(じょうじょうじょう)主の小坂氏の子孫に当たる方だそうです。
上条城は小坂光善が1218年(建保6)に築城し、後に近江国へ移り住んでいたが、林重之の代に上条城に戻り、名字を「小坂」から「林」へ改姓したそうです。
上条城は1586年(天正14)に秀吉により廃城となるも、小牧・長久手の戦いで秀吉は自ら兵を率いて竜泉寺の帰路、林重登の屋敷で少しの期間滞在したという。
秀吉はこの時の礼として重登を春日井郡57ヶ村の総代庄屋に指名、重登から林金兵衛の代まで大庄屋として明治に至るまで勤めた。
城であり林家の屋敷でもあったようです。
この碑にはこうした事が刻まれていると思われます。
4
 遺構としては駐車場が嘗ての本丸で「人呼びの丘」と呼ばれる天守跡(左のこんもり部分)やその東側に石垣や西側には土塁の痕跡が残る。
こうして見ると遺構というより造成工事中の趣です。
5
 駐車場から北側を見ると今もこうして石垣が残っています。
北側には回り込んでいないのでよく分かりませんが、本丸跡の駐車場は時代の流れとはいえ、石碑や遺構をここまで留めているのだから、当時を忍ばせる想像図や解説が掲げられていると訪れる方は多くなると思う。
文化財に指定されていない事もあり予算が付かないのだろう、これが現実なのかも知れない。
訪れる方もなく静まり返った上条城跡、折角の遺産がもったいない気がします。
2020/6/13

上条城址
築城 / 1218年(建保6)
築城主 / 小坂光善
主な城主 / 小坂光善、林重之、林盛重、小坂雄吉
廃城 / 1586年(天正14)
関連記事 / ​春日井市上条町3の不明社
公共交通機関アクセス / JR中央線「春日井」駅下車、​南口から南へ徒歩約10分
上条町3の不明社からアクセス / ​社から南西に徒歩10分


高御堂古墳
貴船神社境内から出土した神領銅鐸、その銅鐸を貴船神社に変わり保管するという瑞雲寺から北に徒歩2~3分のところに高御堂公園があります。
100
公園北側にこんもり盛り上がって木々が生い茂る一画があります。
緑を残し自然と親しめるいい公園だね、と思っていた。
101
公園北側の歩道沿いのフェンスの先に「高御堂古墳」の石標を見付けた。
このこんもりは古墳のようです。
銅鐸ついでにひと回りしてみました。
102
公園西側まで来ると春日井市教育委員会の「高御堂古墳」の解説板があった。
それによれば春日井市唯一の前方後円墳だそうな。
その年代は古墳時代(300~700年)に作られ、詳細な年代までは特定できていないようです。
発掘調査から古墳の長さは63㍍で後方の幅が38㍍、高さが約7㍍、前方が幅29㍍高さ約5㍍だったようで、現在の姿は復元されたものらしい。
後方部は3段、前方部は2段の平坦部分があり、そこ壺型の埴輪が置かれていたとされます。
埋葬者や埋葬品は調査されていないので分からないようです。
103
このこんもりは川砂と粘土で盛り上げられ、墳丘斜面に川原石(当然ながら庄内川だろう)を使い葺石として敷き詰めたようで、古墳周囲は溝に囲われていたようです。
解説板あたりから見渡すと奥に向け高くなり、前方後円墳の形状がイメージできます。
104
石槨内部は発掘調査がされていないけれど、鏡や玉が埋葬されていると考察されるそうです。
過去を紐解く事業は景気に影響しない、大盤振る舞いの予算もこうした方向にはつかないのだろう。
105
後方(東側)に回り込むと周溝の面影を強く留めています。
町名の堀ノ内由来もこうしたところから来ているかもしれません。

気になったのが周辺の「まむしにちゅうい」の看板です。
これを見てしまうと迂闊に近づく気にはなれなくなる、無口な🐍も同じ気持ちだろう。
公園内にこの看板、自然が残っているという事ですが、鉄砲玉の子供達から目を離せないかもしれない。

高御堂古墳
築造時期 / 古墳時代(300~700年)
古墳形式 / 前方後円墳
住所 / ​春日井市堀ノ内町5-11-1(高御堂公園内)
関連記事 / ​瑞雲寺​、​神明神社​、​貴船神社​、三明神社

本地城址​から車で​東へ2~3分​、徒歩でも5分程あれば「本地大塚古墳」です。
北を流れる赤津川の左岸に当たり、肥沃な土壌に恵まれた田畑が広がります。
タイトルなし1
 田畑の間を走る細い通りに写真のような案内板があり、こちらを目印にするか、保育園を目標にすれば古墳への入り口に辿り着けるはずです。
古墳と聞くと「こんもり」とイメージしがちですが、それを思い描いて歩いていると見つけにくいかも。
タイトルなし2
さっぱり見かけなくなったレンゲの花もこの辺りでは見ることができます。
畑を肥沃にするレンゲも化学肥料に取って代わられ、一面レンゲ畑の光景を見ることも少なくなりました。
ピークを過ぎ、あのピンク色も色あせて白っぽくなっています。
タイトルなし3
 北側の保育園と南側の資材置き場の間に本地大塚古墳の入口があります。
保育園のフェンスにも小さな案内板があります。
古墳はどこだ?
タイトルなし4
小路の先を塞ぐように「本地大塚古墳」の解説板が現れるのだが、「こんもり」はどこよ?
タイトルなし5
「本地大塚古墳」解説
「瀬戸市内に残された最も古く、最大の前方後円墳である。 この土地では「誉牟治別命」の墓という伝説があるが、昭和40年の発掘調査では、その実証となる資料は得られなかった。
同51年、瀬戸市の文化財(史跡)に指定された。
出土遺品
1.須恵質円筒埴輪 高さ40㌢余り 2.須恵質形象埴輪  水鳥・馬・人・家など 3.須恵器 蓋坏・高坏など
成立年代
この古墳の成立は、出土品から推測すると5世紀末から6世紀初め頃と考えられる。 その後市内に盛行する群集墳に先行するものである。
前方後円墳の規模
1.中心軸の長さ 33㍍  2.円部の直径 22.5㍍   3.方部の幅 11.7㍍」

解説にある埋葬者の「誉牟治(ほむじ)」が本地村の由来となったともいわれるようです。
群集墳とある様に、ここから少し南の高台に建つ宝生寺の境内地にも「駒前1号古墳」と呼ばれる古墳(残存していない)もあり、一帯には古墳が結構築かれたようです。
こうした古墳からの出土品は「​瀬戸蔵ミュージアム」で見ることができるようです。
タイトルなし6
 本地大塚古墳、後円部(後)から前方方向の眺め。
仁徳天皇陵(今はこう呼ばないらしい)のイメージがあるけれど、こんもり部分は過去の開墾で削られてしまい、前に当たる台形の部分も短く、​仁徳天皇陵​の形をイメージして訪れるとギャップがあります。
タイトルなし7
 古墳の前から後方の後円部の眺め、右後方の高台が宝生寺になります。
城址があり、古墳も残り、寺社がある、ここから北の庄内川付近に行けば水晶も見付けられる、面白い地域です。
本地大塚古墳、古墳の主は分からないけれど、こんもり部分の一本の桜が手向けるように見頃を迎えていました。
2020/04/05

「本地大塚古墳」
公共交通機関アクセス / 名鉄バス基幹バス「尾張瀬戸駅」行、「本地」下車、南東へ徒歩5分程 
住所 / 瀬戸市西本地町1-109

↑このページのトップヘ