尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:名古屋市中区


名古屋市北区志賀町
「​経王大菩薩​」から上街道を5分程北へ進むと、堀川に架かる「くろかわはし」に行き着きます。
000
いかにも冬らしい寒々とした光景ですが、堤の桜が咲き出すと一気に華やいだ表情に変貌します。
ここから目と鼻の先の志賀橋交差点を左へ進みます。
1
 志賀橋交差点から一本西の上街道を5分程北上すると次の目的地「児子八幡社」の玉垣が見えてきます。
2
 交差点の南の社頭から眺める境内、南北に長くニノ鳥居の前で車道が境内を二つに分断しています。
社頭からまっすくに延びる参道はニノ鳥居の先の蕃塀に続きます。

社頭左の寶祚長久、右に國家安泰の石標。
その奥に「八幡社」社号標、あれ?「児子八幡社」じゃないの?間違えたか。
取り敢えず一ノ鳥居から広い境内を拝殿に進む。
4
 一ノ鳥居から境内を分断する車道の手前まで来ると、左の小高い場所に瓦葺の小ぢんまりとしたお堂が佇んでいます。これは秋葉神社。
子供の頃は身近にあった光景です、街中に今もこうした光景が残っているとは、氏子の方達から厚く崇高されているのが伝わってきます。
5
 鬼瓦には葉団扇の紋も入ったお堂の中には社が祀られています。
境内社として古くから祀られたものなのか、都市開発でここに遷座してきたのか定かではありません。
しかしここに祀られている限り、この先も地域の火伏の神として受け継いでもらえそうです。
3
 境内を分断する車道の手前に来て、ニノ鳥居の右に「兒子社」の社号標が現れる。
6
ニノ鳥居からの全景。
拝殿は蕃塀が遮り見通すことは出来きません。
7
 「兒子社」の社号標から切妻造の拝殿、幣殿と本殿の眺め。
右手に手水舎と鉢はあるものの清水は注がれていませんでした。
8
 内研ぎの千木と鰹木が施された蕃塀は立派なものです。
鳥居からはこの蕃塀が社殿の様子を目隠ししています。9
 拝殿左に一本楠木の巨木が聳えています、その左の建物が社務所。
普段は無人の様です。
10
 御神木の楠木は拝殿、社務所を覆わんばかりの見事な枝ぶり。
その佇まいはただ物ではない、根本に掲げられた御神徳には「御神木に触れた手で幹部を擦ると病が治癒」するそうです。
樹齢は分からないけれど長い年月を経てきたものが持つ不思議な力を感じさせるものです。
11
 南を向いて立つ四方吹き抜けの拝殿。
キラキラ輝く飾り金具は敢えて付けない、そう感じさせるシックな佇まいは個人的に好きなものです。
12
 拝殿前の狛犬。
12.5
 空を覆わんばかりの見事な枝ぶりの御神木です。
13
 拝殿全景。
見た目の派手さはないけれど、各所に施された彫に自然と視線は行くものです。
14
 拝殿から本殿方向の眺め。
拝殿右に「児子八幡宮」と左に「兒子宮」の額が掲げられ、祭神は応神天皇、天之御中主大神、菅原道真とあります。
幣殿に続く渡り廊下の左右に小ぶりな狛犬の姿が見えます。
拝殿は渡り廊下で社務所にも繋がっています。
15
 渡り廊下の左右で幣殿を守護する狛犬。
吽形は廊下の先にあり、全容が掴みにくいけれど台座には「伊藤萬蔵」とある。

地元のおじいさんに出逢い「昔は子供も多く賑わったもの、そこの狛犬は是非見て行ってくれ」と教えられました、それがこの狛犬です。
通りすがりに訪れた者にはこの狛犬が持つ意味合いは分からない、地元のご高齢の方にとってこの伊藤萬蔵の狛犬は特別な意味があるようです。
16
 本殿の右の境内に二つの合社があります。
17
 本殿右に南を向いて二つの合社が整然と並ぶ。
18.5
 左の合社には五社が祀られていて、左から地主社、津島社、多賀社、保食社、山神社。
右の合社には三社、左から八釼社、神明社、熊野社が祀られる。
18
 合社の右に「臥牛像」
その先には天神社は見当たらない、本殿域にあるのかい?どういう事?

「ご自身の身体と同じ神牛の部分を祈念を込めてお互いに撫でさすれば身体健全はもとより病気全快するといわれ、また神牛の頭部を同様に撫でさすれば知恵がつくといわれる」
19
 合社側から本殿の眺め。本殿の後方には安栄寺が控えています。
兒子社について「名古屋市史」と「尾張名所図会」を調べて見ました。
名古屋市史の記録によれば以下のように記されています。
『兒子社は西春日井郡金城村大字東志賀八幡神社境内の西側にあり、もと児の宮、又は児の御前社と称して、同郡西志賀村綿神社の東辺に在りて、同社の摂社なり地は東四賀村に属す境内二畝歩あり、除地なりき、今畑となるに在りて、同社の摂社なりき、昔より小児の守護神として崇敬せらる。』
00
1772~1780年(安永年間)には尾張藩主から崇敬され、何度となくこの神社に参拝、そうした事から藩からは厚遇されていたようです。
「尾張名所図会」には子供の健康を願うため、子を背負い児の宮の神事(赤丸神事)に訪れる親子の姿や本社の綿神社へ参拝に向かう様子が記されています。

更に1874年(明治7)に現在地の八幡神社の境内神社として遷座、その際に改造遷宮された様です
祭神は天御中主尊。社号標が八幡社と兒子社の二つなのがなんとなく腑に落ちた。
上の絵からすれば現在の八幡社は更に右に位置します。
ただ八幡社の由緒がさっぱりわからない、1874年ということはないはずです。
21
この様に賑わった兒子八幡社も、先ほど出逢ったおじいさんが云われていたように赤丸神事に訪れる方は少ないのかもしれません。
これだけ広い境内がありながら、鼻水垂らして遊びまわる子供の一人もいやしない。

2020/3/11

『兒子八幡社』
創建 /   不明
祭神 /  応神天皇、天之御中主大神、菅原道真
境内社(確認が取れたもの) / 地主社、津島社、多賀社、保食社、山神社、八釼社、神明社、熊野社
住所 / 名古屋市北区志賀町1-65
公共機関アクセス /  市営地下鉄名城線​「志賀本通」下車西へ10分程
経王大菩薩からのアクセス / ​上街道を北上、堀川を超え10分程

名古屋市中区伊勢山の神明社
市内を東西に伸びる山王通り、東別院から少し西から南に入ると伊勢山「新明社」

伊勢山町の沿革から調べないといけない
名古屋台地と呼ばれ、中区の中央たりから現在の堀川と新堀川に挟まれる形で南へ延びる台地を熱田台地と呼ばれ、ここはその南西に当たり付近には複数の遺跡や古墳も点在します
神社が鎮座するこの場所の南西には伊勢山中学校遺跡(発掘調査結果は笠寺の見晴台考古資料館で公開)もあり、神明社の由緒に記されている「高台の聖地」とは古墳を指すのかもしれません

古くは古渡村と呼ばれ、山の内と呼ばれた7つの山があったらしい
その中の一つの山にお伊勢さんの巻物が奉納され、伊勢神明社として祀られたことから始まるようで
お伊勢さんと所縁のある場所のようです
1889年(明治22)名古屋市成立に伴い古渡村から同市伊勢山町、1908年(明治41)中区成立に伴い現在の中区伊勢山となった
1
上段
神社の東側から
稲荷の朱も鮮やかな鳥居の位置に比べ、本殿の位置は更に高く盛られ、古墳の上に鎮座すると云われても
違和感はない
下段
交差点から南に歩くと鳥居のある脇参道
2
更に玉垣沿いに南へ、随分と境内は広大な様です
市内の中心とも言える土地柄にしてこの杜は貴重な空間です
3
伊勢山神明社正面全景
右に社号標、左に由緒書き
鳥居の前の狛犬と先に蕃塀が見えています
境内の間口は意外に狭く、南北に長い境内です
4
巨大な楠木の下に社号標と狛犬、台座には桐紋と菊紋が施されています
5
境内左の手水舎、後方は社務所
龍のいない手水鉢
6
二ノ鳥居から拝殿
拝殿右にも大きな楠木が聳えています
7
境内右が社務所、こうして見ると縦長の敷地とは言え結構な広さがあります
境内の楠木が作る木陰は夏場にはひと時の涼を与えてくれるものと思います
8
境内の右奥に稲荷社と脇参道の鳥居、その手前に社があります
9
南を向いて祀られる社
10
天王社と塩竃社の二社が祀られているようです
天王社
祭神 / 須佐之男大神
塩竃社
祭神 / 塩土老翁大神
11
拝殿右の朱の鳥居は豊春稲荷社、結構な数の奉納鳥居と幟がたなびいています
鳥居の上は空を覆う様に楠木の葉が茂っています
12
鳥居から左に参道は伸び、新明社本殿脇に東を向いて社が祀られています
表には狐の姿が見えないようですが下の扉を覗かして頂きました
中には小さな鳥居が一つあり、一対の狛狐が鳥居の脇で守護していました
豊春稲荷社
祭神 / 倉稲魂大神
見落としがなければ境内社は全て参拝しました
13
高く積まれた石垣の上に鎮座する新明社拝殿全景
緑色の賽銭箱はどことなく郵便ポスト似
14
拝殿前で守りを固める狛犬達
15
拝殿に掲げられた扁額と拝殿内から本殿の眺め
神明造りの建物はコンクリート製で近年建て替えられたようで至って綺麗です
16
拝殿前から境内の眺め
鳥居を見下ろすほどの高低差があり、社務所の二階程の高さに建っている事が分かります
それが古墳の頂なのかはさておき、お伊勢さんの巻物が奉納され
地名に所縁のある由緒ある神社であることは間違いない
2019/3/9

伊勢山『神明社』
創建 / 不明(由緒には室町以前とある)
祭神 / 天照皇大神、熱田大神、迦具土大神
住所 / 名古屋市中区伊勢山1丁目5-19
アクセス / ​市営地下鉄名城線「東別院」下車、南へ徒歩10分程​    

名古屋市熱田区神宮1丁目

目の前は熱田神宮、熱田さんとして親しまれています
1
熱田さんの西に市内を南北に貫く国道19号線が伸び、伏見通りと呼ばれます
2
伏見通りに面して熱田さんの西門がありますが、平日ですが訪れる参拝客は後を絶たない
3
西門から国道を挟んで西側
歩道に面し葵の紋が入った山門と門の左に「右大臣源頼朝公誕生旧地」と記された石標がひっそりと佇んでいます
4
門の左脇に名古屋市教育委員会の解説板が掲げられている
それがなければ足を止める事もないのかもしれない
頼朝の出生地(諸説あるようですが)とされる妙光山「誓願寺」です
古代より熱田神宮を管理する大宮司は尾張氏が世襲してきました
平安時代末期の大宮司尾張員職の娘が尾張国司として着任してきた藤原季兼の正室となり、その子である藤原季範が大宮司職を継ぐ事となり、以後その子孫が大宮司を世襲することになり、尾張氏から藤原氏に大宮司職の座が渡る事になった
以下は解説板から
「平安時代末期の熱田大宮司の別邸があったところ、藤原季範の娘由良御前は源義朝の正室となり、身ごもって1147年(久安3)熱田の実家に帰り、この別邸で頼朝を生んだといわれる、1529年(享禄2)別邸跡に妙光日秀、世に言う善光上人により誓願寺が建てられた、妙光山と号し、西山浄土宗の寺で、本尊は木造阿弥陀如来坐像である」
5
往時は広い伽藍を持ち、尾張名所絵図にもその姿が記されています
1600年(慶長5)の火災で伽藍を焼失しますが、後に豊臣秀頼により再建されます
その後に尾張藩が山門などを修理、代々の尾張藩により擁護される事となります
葵の家紋がこの寺の歴史を語っています
6
現在の誓願寺はこの門だけがポツンと取り残されているように見えます
7
門の先は駐車場やビルに変貌し往事の面影はありません
現在はこの案内板の右手の歩道から境内につながっているようです
案内板には以下の様に書かれています
「誓願寺は源頼朝公の生誕の地と言われ、かつては境内に頼朝公の霊社があり、寺の鎮守としていました
側の小池は頼朝公の産湯の池と呼ばれていたそうです」
ここは素直に腑に落しておくべきでしょう
なぜなら頼朝生誕の地や産湯の場所は誓願寺以外に、瑞穂区にある龍泉寺​の「亀井水」や津賀田神社​などでも同様の事が語り継がれています
8
誓願寺は1945年(昭和20)の空襲で炎上し本堂などを焼失します
戦災復興事業の区画整理などにより、境内の規模は縮小されます
門の先にあった本堂は駐車場に変わり、その右手に黄金色の葵の紋を付けた誓願寺本堂が鎮座しています
菖蒲池と呼ばれた小池も現在は存在していません
9
尾張名所図会に残る往時の誓願寺伽藍、門の前の現在の伏見通り多くの参拝客が見られます
武家政権の始まり、鎌倉幕府を創建した頼朝の生誕の地とされる誓願寺
現在は葵の紋が飾られた門が面影を留めるのみです
誓願寺
創建 / 1529年(享禄2)
山号 / 妙光山
宗派 / 浄土宗西山派
本尊 / 木造阿弥陀如来座像
住所 / 名古屋市熱田区白鳥二丁目10-12


名古屋市中区
大須通りから南に入り門前町通りを歩きます
この通り沿いに「西別院」の看板に導かれ西へ折れます
視界の先に西別院「本願寺名古屋別院」が見えています
外観がインド様式の特徴ある寺院です
1
本願寺名古屋別院東門
右に寺号標と左の掲示板
2
伏見通り側からも境内へ入る事もできますが、特徴のある堂全景が良く見えるのでこちらからがお勧めです
3
インド様式の流れを感じる丸屋根を持つ堂全景
境内に幼稚園が併設されるほど広大な敷地を持っています
4
特徴的な丸屋根を斜めから眺めます
この寺の創立は蓮如上人の子、蓮淳師が伊勢の国桑名郡長島杉江に建立した「願証寺」が起源とされます
石山合戦(1570-1580)で信長の攻撃を受けこの地から桑名へ
秀吉の時代に現在の清洲に願証寺を再興、桑名の願証寺は「桑名願証寺」と改め、清洲の願証寺は通所、分院となります
清洲の願証寺は德川の清州越しに伴いこの地に移転「名古屋願証寺」に改称
桑名願証寺は後に宗派替えを行った事から、名古屋願証寺を本山の坊舎と定め名古屋御坊と称するようになりました
1876年(明治9)に名古屋御坊を「本願寺名古屋別院」と改称、全国でも有数の別院として発展していきます
本堂、庫裡、書院、中門、御殿からなる伽藍の様子は尾張名所絵図に描かれています
 9
そして第二次世界大戦末期、1945年(昭和20)に空襲で鐘楼・南門を残し全ての建物を焼失します
現在のこの特徴のある本堂は1972年(昭和47)に再建されたもの
6
本堂の左の駐車場、そこに入母屋、瓦葺の色褪せた鐘楼がポツンと建っています
7
外観は見慣れた鐘楼、良く見ると梵鐘は上層ではなく下層に吊られた珍しい物です
8
遍照閣と書かれた扁額が掲げられた鐘楼正面全景
扁額は1753年(宝暦3)、本願寺第17代法如上人によるもの

間近で見ると木組みや蟇股、虹梁に彫られた彫刻も素晴らしいものがあります
色褪せた姿は味があっていいものですが、幸運にも焼け残ったものです
化粧をしてあげてもいい頃では
9
特徴のある下層に吊られた梵鐘
この珍しい造りと各所に施された彫刻が評価され、2017年名古屋市の有形文化財に指定されました
この鐘楼は1729年(享保14)、当時の三河国から移築されたものと云われます
梵鐘は1959年(昭和34)に再鋳されたもの
10
本堂の左側に鐘楼と共に戦火を免れた南門
11
11.5
本願寺名古屋別院の南側道路のビルと民家立ち並ぶ僅かな一画、南門から境内へ繋がる参道が残ります
12
境内で見かけた解説板
北斎大達磨
名古屋を訪れた還暦間際の画狂人北斎は、こちらの境内で120畳ともいわれる大達磨を僅か半日で書き上げたと云われます
13

長年受け継がれてきましたが、戦火で焼失してしまいます
戦争は全てのものを消し去ります、繰り返したくはないものです

本願寺名古屋別院
宗派 / 浄土真宗本願寺派
創建 / 1492~1500年(明応年間)
本尊 / 阿弥陀如来
住所 / 名古屋市中区門前町1-23
アクセス / ​市営地下鉄名城線 上前津下車、徒歩で西に10分程​    

中区門前町

買い物客で賑わう門前町と裏門前町の間に建つお寺、天寧寺を訪れました1

街中の住宅やビルが立ち並ぶ一画に赤と白の幟だけが視界に入ってきます
遠目にそこがお寺だとは気が付きません
2
周囲はご覧のようにビルで囲まれ、南を向いて鎮座する「三宝大荒神」
両側には「三宝大荒神」と書かれた二本の白い幟が建っています
3
境内右の寺号標と通りに掲げられた案内板
三宝大荒神は信長の守り本尊の様です
4
境内左手に手水舎、その右に建つ絵馬堂
手水鉢は左に五七の桐と右に輪宝紋?が彫られています
5
大きなビルを背景に建つ三宝殿、瓦葺で金の飾り金具で飾られています
6
三宝殿前の狛犬
絵馬堂は「守鶏絵馬」の奉納で知られ、雄雌二つの絵馬を購入して願い事を書いてこちらに奉納、その際に雌の絵馬は持ち帰り、願いが叶った時に雌をお供えするというもの
昔は粘土で作った素焼きの素焼きの鶏だったそうですが、いつしか絵馬に変わったようです
7
上段 三宝殿に掲げられた扁額
下段 信長の守本尊と云われる三宝荒神が本尊、左右には凛々しい黒い狛犬がこちらを睨んでいます
三宝大荒神とは仏・法・僧を守護するという荒神で、不浄を許さない厳しさを持つ事から、火で清浄が保たれる竈に祀られるかまどの神、火の神として祀られます
三宝荒神は災いから守り金銭を融通してくれる守護神とされ、信者を脅かす者には厳しい制裁を下す、何とも頼もしい神様です
8
三宝殿の右に隣接する天寧寺
入母屋瓦葺の本堂、白い壁に木の茶色が落ち着いた印象を与えています
9
曹洞宗の寺で山号は玉琳山
室町時代後期に蒼空隆公によって清洲城下に「円徳院」として開創される、1611年(慶長16)の清洲越しに伴い、現在地に移転したと云われています
1737年(元文2)に徳川宗春の子・竜千代は若くして亡くなり円徳院の法号がつけられた事から、寺号は現在の「天寧寺」に改名されたと云われます

天寧寺
宗派  /  曹洞宗
創建 /   不明
本尊 / 釈迦牟尼仏
住所 / 名古屋市中区門前町3-21
アクセス /  市営地下鉄名城線 上前津下車 西へ約10分程

↑このページのトップヘ