尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:小牧市

小牧市春日寺
1
西に県営名古屋空港があり、周辺は住宅が広がる、そこに県道102号線(犬山街道(稲置街道))が南北に伸びています。
この街並みの中からどこにいても視界に入る小高い山が小牧山、その頂に建つ小牧城は山と共に市のシンボル。
こうした風景を見ていると想像できないけれど、太古にはこの辺りまで海が迫っていたという。
その当時はこの辺りまで船の往来があったという、船乗り達にとって目の前に見える山は帆を巻き上げる絶好の目印となっていたそうだ。
それが故にこの山は帆巻山と呼ばれるようになり、ここから小牧となったとも云われる。
no title
春日寺は「かすがんじ」と呼ぶそうだ、空港建設に伴いそこから移転した民家も多いと聞く。
2
空港を背にして県道沿いに鎮座する春日寺の「神明社」。
県道を走っていると、右に社号標と正面に神明鳥居、その先に拝殿が望めるこの社頭は良く目にしていたが、なかなか車では入りにくかった。
拝殿右に春日寺会館があり、そちらに車を停めさせていただき参拝。
3
創建は1667年(寛文7)とされるようですがそれ以外よく分からなかった。

4
切妻瓦葺の素朴で落ち着いた佇まいの拝殿。
神明社境内に左の春日寺会館や公園があり、神社を中心に住民が集える場に整備されたようです。
5
神明社本殿域。
本殿右手の小山に御嶽神社、左手には小さな社が祀られています。
6
御嶽社と覚明霊神碑。
覚明行者は春日井市出身ということから周辺では良く祀られている。
7
本殿左の社、周囲の堀は水は張られていないけれど、手前の反り橋から察するに弁天社だと思います。
8
本殿を守護する狛犬。
表情はよく分からないけれど、丸々した大正9年に奉納された狛犬です。
9
本殿全景。
高い石垣の上に祀られた神明造の本殿は6本の鰹木と内削ぎの千木が付く。
10
祭神は天照皇大神。
本殿後方の壁の向こうは県営名古屋空港になります。
本殿や末社は全てが東の稲置街道を向いて鎮座。
11
年を越す時期に春日寺を通りがかると、街道に神社幟が立ち、氏子総出で迎春準備をする姿をよく見かける。この時ばかりは車で前を通り過ぎても一目でそれと分かる。
12
拝殿から社頭の眺め。
訪れたのが年を越した2021/1/19、しばらく経つと静かな神明社に戻る。
毎年正月にかみさんの実家を訪れる際、必ず前を通りはするけれど、なかなか縁がなかった神明社も漸く参拝、気になっていたものが一つクリアできた。


春日寺「神明社」
創建 / 1667年(寛文7)
祭神 / 天照大御神
境内社  弁財天、御嶽社
住所 / ​小牧市春日寺1-138
公共交通機関アクセス / ​名鉄小牧線春日井駅徒歩10分


愛知県小牧市市之久田

 
八幡社に隣接する『養光寺』を訪れました
1
 養心寺の西隣りは八幡社、東隣は幼稚園になっています
 
 お寺の入口には「十一面観世音菩薩」と書かれた赤い幟が立ち並び目を引きます
2
 外観からはこじんまりとした伽藍の様に見られます
3
 山門左の塀に多数の地蔵が整然と祀られています
4
山門、左に寺号標と右に西春21大師4番札所の標柱(大正12)が建てられています
12
西春21大師札所とは?
調べて見ましたが全貌は分からないまま、今後時間をかけて調べて見よう
5
山門扁額

 額座布団?も付けられ、お寺の思いが感じられる
6
五七桐久我龍胆紋の入る門幕、紫が鮮やかです
7
境内左手水舎、右奥には八幡社の鳥居も見えています 
8

 境内正面の本堂

宗派 / 曹洞宗

創建 / 不明

本尊 / 十一面観世音菩薩
9
本堂脇の梵鐘

 八幡社側から見ると小振りな梵鐘ですが
池の間に天女?、境内側には獅子が施されているようです
 煩悩の数だけあると言われる乳ですが、108個数えて見ます?
10
 境内左の御堂は大師堂でしょうか
11

 山門の脇の秋葉宮(左)と金毘羅宮

 レンズの影響で斜めっているのではなく根の張りだしからのようです

西春21大師札所を調べていたら、小牧市にある観音菩薩を祀った10寺の寺院を巡る

 「小牧十観音巡り」なるものがあるそうです

養光寺の観音菩薩もその中に含まれ、六番札所となっているようです

 見てこなかった事が悔やまれます
無題
早い時間に訪れるのも善し悪しですね、教えて頂く人にも出会いません

 ・・・・・考えよう

『養光寺』

住所 / 愛知県小牧市市之久田1丁目345

℡ / 0568-73-3135

アクセス / 公共交通機関・​地下鉄名城線上飯田下車⇒名鉄小牧線間内下車⇒西へ徒歩20分




↑このページのトップヘ