尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:春日井市

春日井市小木田町「小木田神社」
小木田町の名由来はこの神社からついた町名だという。
1
小木田神社社頭全景。
境内を取り囲む様に杜があり、石の神明鳥居と左に社号標があります。

訪れた際は社頭の前の狭い通りは、以外に交通量が多い印象を受けました。
また参拝者駐車場は見かけませんでした。
2
社頭左に立派な花崗岩のプレートに小木田神社の由緒が刻まれていた。
「神社名 小木田神社
鎮座地 春日井市小木田町147番地。
祭神 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊。
合祀の御祭神 興津比古命、菅原道真。
祭礼日 4月16日
沿革
当社の創建は定かではないが、古伝によれば養老3年(719)という。
明和5年(1768)に再建した棟札がある。
郷社であり、古く天王社と云われた。
小木田の名はかつては村名となったこともあるが、篠木荘中の古村であった。
天 ?2年に境外社であった林島の荒神社と? 大臣の天神様とが本社に合祀され、関田村の産土神として多く???から崇められてきた。
尚、県指定無形文化財の源氏天流棒の手が祭礼に奉納されている。
境内末社
神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社」

読みにくい部分もあるけれど、しっかりと書かれていてわかりやすい。
3
鳥居の先の狛犬。
狛犬も派手な彩色が施されたものを見かけるけれど、個人的に好きにはなれない。
僅かに彩色がされ、これくらいなら許容範囲の上品な化粧。
4
境内左に自然石の手水鉢、緑鮮やかな楓の木が手水舎だ。
4
手水鉢から拝殿方向の境内の眺め。
この時期の緑はしっとりとしながら鮮やかで、目には優しいものがある。
6

境内右の覆屋、その下に正方形の石枡。

同じく境内右外れに義勇奉行公碑。
7
源氏天流棒の手碑
棒の手、主に棒を使った武術的な民俗芸能で、尾張や三河に多くの流派が伝承されています。
源氏天流とは、清和天皇の子孫源義家を流祖とされ、戦国時代の実践的な古武道の型をそのまま伝えた豪快な点が特徴とされるそうです。

明治時代になって現在の名古屋市守山区から春日井市の旧関田村(現在の小木田町)に伝わったようだ。
小木田の棒の手は、源氏天流の棒の手復興に努力した河野萬三郎義次、加藤平輔義平などが明治21年(1888)に相伝目録3巻及び免状1巻を小木田神社に奉納したことにはじまるという。

現在「小木田町源氏天流関田棒の手保存会」が保存・伝承活動を行っているそうで、毎年、地域の氏神である小木田神社とここから少し西の貴船神社、名古屋市熱田区の熱田神宮の祭礼には棒の手を奉納しているという。
8
境内左に注連縄が吊られた小さな堂。
雨が降る中、地元の方が本殿とこちらで手を合わせていく姿を見かけました。
堂の左右に石塔と二体の石像が安置されています。
解説らしきものはなく、像はどちらも風化は激しく像容は分かりません。
9
拝殿全景。
社殿はコンクリート工法で作られた新しいもの。
左に狛犬が見えますが、これは末社を守護するもので、拝殿前に狛犬は配されていません。
10
切妻平入拝殿に向拝が施されています。
11
拝殿の扁額と拝殿、幣殿の眺め、桐が神紋のようです。
12
拝殿左の境内末社が纏められている。

末社の左に注連縄がかけられた石標があり、文字は刻まれているが全てが読み取れず不明。
13
末社を守護する狛犬。
14
板宮造りの社が7社並んで祀られています。
奥から順に神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社。
15
末社から見た本殿、外削ぎの千木と鰹木が見られる。
16

拝殿から鳥居方向の境内の眺め。雨の日の境内はこんな感じです。

拝殿の西側に脇参道があり、鳥居の先は小木田公園になります。

「小木田神社」創建は不明ながら、この辺りの産土神として今も崇敬され、源氏天流小木田棒の手と共に次の世代に受け継がれていきます。
2020/06/13

「小木田神社」
創建 / 不明、1768年(明和5)の棟札が残る
祭神  / 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊
境内末社 / 神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社
住所 / 春日井市小木田町147
公共交通機関アクセス / JR中央線春日井駅から​北に徒歩10分程


春日井市上条町3丁目
「延命地蔵」
上条町3の不明社から上条城址に向かう途中の道すがらで見かけた地蔵堂。
200
狭い交差点の角、民家の敷地の一画を間借りするように建てられた地蔵堂、その奥には案内板らしきものも見える。
201

場所が場所だけにどうなんだろう、もしや過去の事故の慰霊なのか、せっかくなので寄り道する事にしました。
堂の中には白い石像とお花が供えられています。
202
縁起には以下の様に書かれていました。
「延命地蔵様を建立することになった由縁は、当時比較的若年層の不幸が町内で続き、あるところへ伺いを立てた所「その昔、池に身を投げた娘の霊がこの地域にある」という事を知りました。
そこで町内会の皆さんと相談した結果、これらに纏わる先人達の霊を慰め、また、若くしてこの世を去った御霊を供養し、合わせてこの地域の人々の延命を祈念するため寄付を募り、昭和57年9月23日に建立されました。
上三町内会では年に一度の良き日に、近隣町内の方や多くの子供達も一緒に延命地蔵様の前で大祭を開催し、町内の安全と厄除けり祈願をしています。
平成17年9月23日 上三町内会」
no title
「その昔、池がこの地域にある」という事なので、少し遡って見ると、上条町内には昭和の初期まで2つの池があったようです。(地図左の丸部分)
現在は埋め立てられ、宅地化され痕跡すらありませんが、調べて見ると庄内川が氾濫した際に出来たとされ、庄内川、内津川の伏流水が湧き出し、池底は非常に深かったそうです。
由緒に記された池とはこの二つ池のどちらかを指しているのかもしれない。
203
地蔵堂の中には前掛けが掛けられた、白い延命地蔵が一体祀られていました。
表情はとても穏やかで、小さな像ですがこの地域に住む方々の延命の願いを一身に担っている
普段はひっそりと佇む地蔵さま、年に一度の良き日がいつなのか分かりませんがきっと賑やかなのかもしれません。

新しい地蔵さまですが、地域には必要不可欠な存在の様です。

上条町3の「延命地蔵」
建立 / 1982年(昭和57)
住所 / ​春日井市上条町3丁目
アクセス / 春日井市上条町3の不明社から南に5分程
関連記事 / ​上条町3不明社

春日井市上条町4
上条城址から西に1分程歩くと細い道の交差点があります。
その交差点の角に切妻瓦葺屋根の四方が吹き抜けの覆屋があります。
111
 道路前方の左側に一本だけポツンと聳える樹が見えますが、そこが上条城址なので本当に目と鼻の先。
この右手には上条城の城主だった林氏の立派な蔵があります。

交差点の北角に佇む覆屋、よく見ると中に神棚が見えます。
112
 交差点の南側から覆屋を正面から見る。
土足で入っていいものなのか悩む、覆屋と呼ぶには立派なものです。
113
 中には板宮造りの二つの社が祀られています。
どちらも注連縄も新しく、扉は開け放たれています。
114
 左手の社には石の御神体が祀られているようで、右手の社には真新しい神札が見て取れます。
覆屋の中に入り間近に見ればいいのだろうが、やはり入るには気がひける。
覆屋の前から参拝させて頂くこととした。
115
 社の中をコンパクトカメラで目いっぱい引いて見た。
ここまでが精いっぱい、右の社は津島神社(天王社かもしれない)。
左の花崗岩の御神体には漢字二文字が刻まれているようです。
色々調整をしては見たが、下の漢字は王と読めるけれど上が分からない。
猿の様にも見えなくもない、猿王…猿王社?、龍でもあるまい。

上条町を厄疫から免れるためにここに祀られたものと思われますが、いつ頃の創建なのか含めこちらの詳細は分かりませんでした。
注連縄や神札などが新しいことから町内で崇敬され、ここを中心に人とのつながりが出来ていると思います。

「津島社」
創建 / 不明
祭神 /   不明
住所 /  ​春日井市上条町4
上条城址からのアクセス /  ​​徒歩で西に1分
関連記事 /  ​上条城址

春日井市桜佐町『八龍神社』
18
 庄内川が滔々と流れ、堤を隔て周辺には農地と住宅が広がります。
このあたりは釣りやカヌーを漕ぎに昔はよく訪れた場所ですが、眺める景色も若かりし頃とは随分変わったものです。
自然が残る住みやすい環境ですが、穏やかな表情の庄内川もこの時期の大雨では荒々しい表情を見せます。写真は吉根橋下流から密蔵院のある吉根橋方向の眺め。
no title
 堤から北を眺めると今も着々と造成が進む光景が広がります。
造成地なので周囲に木々はなく、唯一八龍神社境内の杜だけが島の様に見えています。
熊野町の​熊野神社​から南西方向に徒歩でも​10分程​、街中の住宅地に埋もれた環境ではないので分かりやすい。
1
 『八龍神社』はその造成区域に取り残された様に鎮座しています。
神社周辺は工事区域なので現在は車で訪れる事はできません。
現在こんな光景ですが、以前はどうだったのか。
00
 右が1947年(昭和22)頃の鎮座地、当時の地図には鳥居の印は見当たりません。
北を流れる内津川と庄内川が合流し、川に挟まれた地域で周囲は見渡す限りの田園風景が広がっています。
印がないから新しいのかとも言い切れません、古くはここから少し下ると渡しがあったとされ、人はそれなりに集まった場所、別の形で古くから龍神さまが祀られていたのかも知れません。

最初に書いておこう、『八龍神社』の沿革は分かりませんでした。
2
 造成地の中に取り残された様に鎮座する『八龍神社』。
その外観は鳥居や玉垣、社号標等すべてが新しい。
3
 社地の片隅に如意輪観音や馬頭観音等の石仏が安置され、写真左奥に庚申塔が纏められています。
4
 八龍神社正面全景。
鬱蒼としたものではなく、ご覧の通り風通しも陽当たりも非常にいい。
個人のイメージで、龍神様と聞くとなんとなく木々が生い茂り、薄暗い印象を受けますが、ここは明るい印象を受けます。
5
2016年(平成28)に建之された真新しい鳥居と社号標。
鳥居の先に拝殿と周囲を塀で囲まれた本殿域を一望できます、左右に小社が複数あるようです。
神社は目の前の桜佐町とその先の庄内川を向いて鎮座します。
6
 拝殿正面全景。
瓦葺の切妻造りで四方は吹き抜け、龍をアピールする飾りや額などは見当たりません。
シンプルで素朴な佇まいです。
7
 拝所からは見た本殿域、一対の狛犬が本殿域を守護しています。
8
 石の白さが映える鳥居、拝殿も綺麗で新しい、棟札を見ていませんが恐らく同時期に建て替えられた印象を受けます。 
9
 拝殿先の本殿域、新たに小高く積まれた石垣、その上に塀や本殿が祀られています。
右手には板宮作りの社が二つ、その後方に複数の石標が建てられています。
その中には1923年(大正12)、1929年(昭和4)の年号が見られます。
1947年(昭和22)の地図では記されていないけれど、祭祀形態は違うにしても、それ以前から桜佐に鎮座していることになります。
桜佐の地名、諸説あるようですが、古くは桜沢と呼ばれていたものが縮まって桜佐となったという説があるようです、1844年(天保15)に編纂された尾張志でも桜佐と記されていました。
10
 本殿右の二社を参拝していきます。
こちらは桜佐集落の火伏として祀られた秋葉神社。
11
その左奥の社は御嶽神社。
良くある霊神碑の類をこちらで見かけることはありませんでした。
12
 本殿全景。
真新しい石垣、瓦葺の白い塀が周囲を囲っています。
その前を白い狛犬が守護しています。
13
 色白の面々、恐らくは再建時に併せて奉納されたものでしょう。
14
 玉砂利が敷き詰められた本殿域、中央に神明造りの本殿が見えます。
15
 本殿左の小社。
参拝時に社名を確認しメモしたのですが、なくしてしまい忘れてしまいました。
写真から識別できるだろうと甘く考えていましたが大間違いでした。
近くに寄った際にもう一度参拝し、ここに追記とします。
16
 本殿の側面に回り込むと5本の鰹木と外削ぎの千木が良くわかります。
17
 境内左の保存樹、境内ではひと際目を引く存在です。
天に向かって聳える大きな樹には何かが宿るとも言われます。
目には見えていないがここには桜佐町の田畑を潤し、雷除けの龍神が宿っているのかもしれない。

『八龍神社』
創建 /  不明
祭神 /  不明
境内社 /  秋葉神社、御嶽神社、不明社
住所 /   春日井市桜佐町346

関連記事 /  ​熊野神社​  
熊野神社からのアクセス /  南西方向に徒歩でも​10分程
公共交通機関アクセス /  JR中央線「春日井」下車、​徒歩で東へ20分程


堀ノ内町の神明神社から南西に徒歩15分、町名は変りこのあたりは熊野町になります。
何でしょうね、このあたりの町名の由来はとてもイメージしやすい。
熊野町となれば熊野神社があるの?、期待を裏切る事はなかった。
1
本店をはじめ支店や出張所が全国に数千とある熊野神社、さぞかし立派な支店なのだろうと勝手に期待していた、しかし訪れるとそれは過度な期待で出張所的な趣だった。
ここ熊野町には多宝塔で知られる密蔵院もあるが、敢えて熊野と付いたからには何かあるのだろう。
神社は南向きに鳥居を構え、その先に切妻瓦葺の拝殿が見える。
2
社号標は社頭右にあり、それには大正と刻まれています、その奥に熊野神社の縁起が建っています。
3
『熊野神社縁起』
所在 篠木村大字熊野字中間1349番
祭神 速玉男命、伊弉册命、事解男命
例祭日 10月18日
由緒 社伝明らかならず、されど養老2年(718)創建の由言い伝えり。
かくて延長7年(929)社殿を再建し、及び明和5年(1766)11月改築。
明治元年(1867)9月にも社殿の再建が計られた。
宝物 棟札 天和2年丙辰菊月19日 一枚
境内 1145坪
境内神社 伊豆社 祭神 / 火牟須比命、津島社 祭神 / 須佐之男命、白山社 祭神 / 菊理媛命
稲荷社 祭神 / 倉稲魂命、神明社 祭神 / 天照大御神、熱田社 祭神 / 熱田大神、富士社 祭神 / 木花之佐久夜毘売命、金刀比羅社 祭神 / 大国主命、戸隠神社 祭神 / 天手力雄命、愛宕社 祭神 / 加具槌命

縁起がしっかりと記され、気まぐれに訪れた者にはとても分かりやすい。
慎ましやかな神社の外観から想像できない長い歴史を持つ神社の様です。
4
拝殿は切妻瓦葺の四方吹き抜けのこぢんまりしたものです。
5
拝殿から本殿。
左右に複数の社が祀られているようです。
6
熊野神社と彫られた鬼瓦。
7
こぢんまりとした拝殿ですが、妻側に躍動感のある龍の彫飾りが施されています。
8
7.5
拝殿全周に想像上の動物、猪や鼠など彫られています。
9
拝殿内から本殿の眺め。
10
苔むした狛犬が守護する本殿域全景。
本殿は銅葺屋根の流造で左右それぞれに2社が並んでいます。
奉納年度が違うのか左右の燈籠は竿の形が違います。
11
愛嬌のある狛犬、表情は二タッと笑っているようでもある。
12
本殿。
創建 / 718年(養老2)の言い伝え
祭神 / 速玉男命、伊弉册命、事解男命
13
パッと見飾り気がないけれどよく見て行くと木鼻や虹梁には龍や獏など飾りが施されています。
14
左の二つの社、しっかり社名札が掲げられ悩まなくてすみます。
左の小さな社に愛宕社、戸隠神社、金刀比羅社。
右の社が冨士社、熱田社。
15
右の二つの社。
左の社に神明社と稲荷社、右の社に白山社、伊豆社、津島社。
16
一番右に小さな石標、初めは石上様かと思っていましたが、随分と時を経て風化していますが、よく見ると地蔵か観音様らしき姿が見える。

由緒にある所在地の篠木村大字熊野字中間旧住所で表記されています。
篠木村はかつての荘園篠木荘からきています、1878年(明治11)近隣の名栗、牛毛、野田の三つの村が合併し、熊野村となったらしく、その際に三つの村の氏神の熊野神社から名を取ったようです。
縁起にある1682年(天和2)の棟札が【宝物】と記されているように、古くからこの辺りの人々に受け継がれてきた、その歴史こそ熊野町の宝物なのだろう。
思い描いた立派な趣とは違ったけれど、見た目とかけ離れた強いつながりを感じる熊野神社です。
2020/5/31

熊野神社
創建 / 718年(養老2)の言い伝え
祭神 / 速玉男命、伊弉册命、事解男命
境内社 / 愛宕社、戸隠神社、金刀比羅社、冨士社、熱田社、神明社、稲荷社、白山社、伊豆社、津島社
住所 / 春日井市熊野町1349
公共交通機関アクセス / JR中央線​「神領」駅下車南西に徒歩で25分程
関連記事 / ​神明神社​ ​ ​高御堂古墳

↑このページのトップヘ