尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:春日井市

春日井市鳥居松町8 上之町神社
市内を東西に延びる下街道の一本南の筋にあたり、上ノ町公民堂のある小さな公園の中の小さな神社。
1
 公園西角からの全景、公園内右手が公民堂、神社は公園の左手の角に鎮座します。
周辺は幅員の狭い通りの住宅街で駐車余地はありません、なので車だと厄介になる。
2
 遊具の先に石垣が積まれ、その上に玉垣で囲われた社が祀られています。
ここはとても開放的な雰囲気を感じる、公園に隣接する事もあり子供達と神社の存在がとても身近。
地元の子供達が園内に集いかくれんぼでもしているようだ。
「罰が当たる」と怒られそうだが、神社は彼らにとって絶好の遊び場でもあるようだ。
3
 公園の中に鳥居があり、左手に社殿、公園と神社を隔てるものはありません。
傍で子供達が賑やかに戯れる姿を眺めるように神社がある、神様も悪い気はしないのではないだろうか。
4
 鳥居からの眺め、境内正面に石造の社と鳥居をくぐった右側に石標があります。
5
 境内の右側の石標は大山祗命と刻まれています。
海の神、山の神として崇められますが、ここでは恐らく山の神として祀られているのでは。
以前からここに祀られていたものなのか、周辺から移されたものなのか定かではありませんが、真っ白な社殿に比べ年代は多少違う様に見えます。
6
 石造の社、祭神や創建などの詳細は不明です。
こうして石の社を見ると、なんとなく山の神を祀っているような雰囲気もあります。

公民堂の上ノ町が社名から来ているのか?旧町村名から付けられたのか?春日井市の沿革を調べても上ノ町にたどり着きません。 町村名なら創建時期も推測できるかと思っていましたが…分からず終いです。

由緒など分からない小さな神社ですが、こうして子供達が戯れている光景は身近な存在の神様として親しまれているのが分ります。
消えていく社がある中で、上之町神社の将来はこの子らが支え残っていくのではないだろうか。

こうして子供達の遊ぶ姿がある神社に出会うと、昔の自分を見るようで個人的に好きな光景です。
少し前は近所に必ず一人や二人は雷親父がいたもので、こうして遊んでいて良く怒られたものだ。
雷親父も最近は絶滅危惧種になったのかも

上之町神社
創建 / 不明
祭神 /   不明
住所 /    ​春日井市鳥居松町8-102
公共交通機関アクセス / JR中央線「春日井」駅から​徒歩10分程


春日井市神領町2 「津島神社」
JR中央線「神領」駅から10分程南に進むと庄内川に架かる下志段味橋に至ります。
6
橋の手前から高く盛られた堤防道路を上流に向け2~3分程歩きます。
やがて堤防の法面にポツンと鎮座する小さな社が見えてきます。
神領の津島神社です。
1
鬱蒼とした堤防の法面ですが、神社と北側の車道に繋がる手入れされた歩道があり、藪漕ぎはしなくても済みます。
2
道路から津島神社全景
堤の先の庄内川を見据える様に南を向いて祀られています。
4
幟柱と岩の上に板宮造の社、その右に燈籠。
手前の白い燈籠らしき石柱、正面に崩し字で何か書かれていますが分からない。
5
春日井の少し前は当時の村々や島々にこうした天王社や津島社が祀られ、疫病除け祈願として天王祭りや祇園祭り、津島祭りが行われてきた身近な神様。
榊も供えられ、綺麗に雑草が刈り取られた境内、今も地元の方々により崇められているのが伝わってきます。
00
嘗てのこの辺りは現在の様に庄内川を渡る橋はありません、庄内川の勝川、松河戸、下津尾、桜佐、野田、大日、大留、入尾、岩瀬・・・・など各所に渡しが存在し人や物資を船にのせ渡った時代もあります。ここ神領にも渡しがあったそうです。 
上の写真は左が1900年頃の当地、橋は架かっていません。
その後、ここに木造の橋が架けられますが流失を経て、現在の下志段味橋の姿になります。
7
堤防から上流の眺め、東名高速の橋梁はすぐ近く。
対岸は目と鼻の先、なんとかして渡りたいと思うのは自然の事、津島神社の辺りが神領の渡しがあった場所なのかもしれない。
そんな思い込みがあるからか、神社の白い燈籠らしき石柱に刻まれた崩し字が「わたし」と書いてあるような気になってくる。読めないもどかしさを痛感する。

津島神社
創建 / 不明
祭神 / 素戔嗚尊
住所 / 春日井市神領町2
公共交通機関アクセス / JR中央線「​神領」駅から10分程南
最寄りの神社 / ​三明神社​ 下津尾の渡し



春日井市貴船町「貴船神社」
JR中央線「春日井」駅から北に10分程のところに鎮座します。
篠木公園の南と云えばわかりやすいかな。
神社の北側を県道75号線(春日井長久手線)が東西に走り、県道沿いに杜があり、車でもそれと分ると思います。
1
写真は南側から社頭の眺め。
2
鳥居の左側に貴船神社社号標と由緒書きがあります。
3
由緒
立派な石に彫られた由緒ですが、石の模様が強すぎて写真では読み取れません。
祭神は闇龗神、天照大神
この神社は以前掲載した小木田神社の境外地のようで、現在は貴船と表記していますが以前は木船と表したようです。
明治の頃に小木田で祀られていた神明社が合祀され、それに伴い村社となり、木船から貴布祢となり、更に明治以降に現在の貴船になったと云われます。
創建は不明ですが1683年(天和3)に再建されたとある。

貴船神社といえば闇龗神(クラオカミ)或いは高龗神(タカオカミ)とも呼ばれる水を司る神様で、高龗は山の頂の龍神、闇龗は谷の龍神だと云われる。
どちらも雲を呼び、雨を降らせ、その雨を程よく蓄え、恵みとして湧きだし水は作物に還流する水源の神。
00
上は大正の頃と変貌した現在の姿。
少し前は一面田畑の広がっていた地域なのがよく分かります。
水は作物の取れ高と密接な関係にあるので、闇龗神(高龗神)が祀られたのも頷ける。
もっとも、その面影は今は皆無、田畑を見る機会は少なくなっています。
4
境内左の大きな樹の前に瓦葺の手水舎があります。
5
境内正面に四方が吹き抜けの瓦葺の切妻拝殿。
右に社が一社祀られているのが分ります。
6
拝殿から幣殿、本殿方向の眺め。
7
幣殿は銅葺屋根の切妻造りで内削の千木と鰹木が施されています。
右手の社は伊勢神宮の様です。
8
手前、伊勢神宮と本殿の眺め、本殿も銅葺屋根流造、周囲は塀で囲われ全容は見て取れませんでした。
9
拝殿から幣殿の眺め、一対の狛犬が拝殿前を守護しています。
10
11
色白で阿形は玉と吽形は子持ち、力感があり、全体のフォルムは線が太く頭は少し大きく感じる。
12
本殿の右の伊勢神宮。
創建等の詳細は不明ですが、玉垣と石畳はやたらと新しく、2013年に建立されたようです。
13
社は流造で玉垣の建立時期の以前に建て替えられたのかな。多少時期がずれているように見えます。
伊勢神宮という事なので、祭神は天照大御神なのだろう。
14
境内の東側に隣接するように関田公民館があります。
15
そちらの表敬之碑に貴船神社の記述はないものの、小木田神社と篠木荘と関田村についての記述がありました。小木田神社は昭和50年、公民館は昭和55年と多くの方の支援によりに新築されたとある。
貴船神社と小木田神社、飛地境外社のつながりもあるけれど、どちらも郊外の神社らしくゆとりのある境内と歴史を感じさせる大きな樹々が杜を作る。
16
境内も手入れが行き届き、参拝に訪れて心地いい印象を受けました。
そうしたところに地元の氏神様として今も親しまれていることが伝わってきます。


貴船神社
創建 / 不詳  1683年(天和3)に再建
祭神 / 闇龗神、天照大神
境内社 / 伊勢神宮
住所 / 春日井市貴船町901番地
公共交通機関アクセス / JR中央線​「春日井」駅から北に10分程
車 / 参拝者駐車場が鳥居の南側に数台分あり
関連記事 / ​春日井市小木田町 「小木田神社」
小木田神社へは​東に徒歩で10分程

春日井市上条町4
左手に製紙工場があり、子供の頃は「香しいにおいの漂う場所」の印象が強かった。
その後技術も進歩し今やそんなことは全くない。
過去の事かもしれない。
1
 県道25号線(称春日井一宮線)で写真の前方、春日井市役所方向に向かうと県道508号線下街道に交わります。
大日社は大手製紙会社春日井工場の東にあたります。目印は歩道橋と右手の森かも知れません。
2
 大日社正面全景、緑の中に鳥居の白さが際立ちます。
県道沿いの小さな杜に南を向いて明神鳥居が見られます。
所謂参道はなく、杜を取り囲む様に玉垣で囲われていて、鳥居の前の月極駐車場を通りそこから鳥居へ向かう事になります。見た所参拝者駐車場もないので車で訪れると困るかもしれません。
3
 大日社境内全景。
広い境内の中央に社殿があり、間引かれて大きく枝を張って育った木々が境内に程よい木陰を作っています。
風通しも良く、木々が鬱蒼としているわけでもないので、この時期悩ませられる蚊や、じめじめした環境ではありません。陰か陽かで表現すれば陽の神社。
4
 大日社鳥居と境内に木陰を提供してくれる樹々。
大日社が単独で社殿を構える姿はあまり記憶がありません。
5
 鳥居右のトウカエデの巨木とその手前に道風橋の石標。
このあたりは小野道風生誕地として、ここから庄内川方向の松河戸付近に道風記念館が建てられています。
道風の生誕地は諸説あるようで、記念館のある松河戸説とここ上条町の上条城付近の二つの説があるようです。何れも決定的な根拠を見出せないようです。

今ほど河川整備されていない昔、暴れ川で流れを幾度か変えてきた庄内川の付近で生活するとしたら?
個人的に住むのであればこの辺りだろう。

サボテンや葡萄、桃などで馴染みのある春日井ですが道風以外にも謎があります、それは和爾良(カニラ)神社。大日社は和爾良神社の飛地末社として記されていますが、東に少し歩けば事実、和爾良神社が鎮座しています。
我こそは幻の和爾良神社と伝えられていたり、ここがそうだと推定される神社は複数存在し、考察されていますが決定打は出ないようです。
和示良神社​ / 名古屋市名東区猪高町猪子石
両社宮神社​ / 春日井市宮町
6
 綺麗な透塀に囲われた社殿全景。
柿渋が塗られているのかな? 木漏れ陽を受け、落ち着いた色合いで佇む姿は個人的に好きな光景です。
祭神は大日霎命で創建などの詳細は分かりません。
7
4本の鰹木と内削ぎの千木を持つ神明造の社、こちらも経年劣化を感じさせない綺麗なものです。
後方は県道25号線、交通量は多い方ですが境内では意外に苦にならない。
歩道を行き来する歩行者も少ないようで、ベンチでもあれば涼んでいきたくなる。
8
 大日社由緒
祭神 大日霎命(日の神)
住所 春日井市上条町4丁目2181番地
由緒
鎌倉時代の健保6年(1218年)
木曽義仲の四天王の一人である今井四郎兼平の孫の小坂(男坂)孫九朗光善が上条城を築城した折、衰微していた和爾良神社を再興し、また、三の丸の外に外廊の土塁をめぐらせ、その西南の隅(本丸中心から150間)に御旅所を造営し、大日霎命をお祀りした。
大日の森(道風の森)として親しまれている。」

御旅所とはよく耳にするけれど
神社の祭礼など神さまが神幸の途中で休憩やお泊りになる場所の事、なので普段は御旅所には神さまはお見えになりません。
そうした事から由緒に祭神を記さない場合もあります。
時に摂末社や配偶神を祀って社殿を構えるものもあったり、諸事情により元の鎮座地から一時的にお祀りされたりする場合もあるようです。
9
 参拝させてもらい、社の全容を収めさせて頂きました。
シックな社だけに僅かに施された金色の飾り金具は存在を主張してきます。

こちらの由緒書きに大日霎命(オオヒルメノミコト)と記されているので、普段からこちらにお見えの様です。(大日霎命は天照大御神の別名)
11
西側から見た境内の眺め、社殿の左に注連縄が吊るされた石があるようです。

由緒によれば上条城を築城した折、衰微していた和爾良神社を再興し、本丸から150間に御旅所・・・・・とあります。上条城は写真右手方向になります。
この御旅所が本丸から150間となると少し距離間が違うような気もしないでもないが、大した問題ではないだろう。
何よりもここを知る方がそうらしいといい、後世に語り継ぐ目的で記された由緒は率直に受け入れ尊重するものです。
個人的にこの差は長いスパンで見れば「それがどうした?」と思ったりする話です、古老の伝承は時にウイットに富んだジョークの様な事を語ってくれたりもする、悪意でも、利権に絡むものでもない彼らにすれば真実そのもので聞くのが楽しかったりする。

昨今世の中で起きている???と比べれば、取るに足らないし、歴史の謎は専門家が出してくれるのだろう。昨今起きている???は謎ではなく、その気になれば結論が出せるものばかり。
10
 境内の左わきの石標。
相変わらず学びがない、写真で読めばいいとする悪い習慣から、今回も刻まれている中身は読み取れない。指でなぞるか?
12
境内から鳥居方向の眺め。
鳥居や玉垣は2018年(平成30)と刻まれています、和爾良神社・合祀再興800年を記念し建之されたもののようです。

梅雨の晴れ間、汗だくの体に心地よい日陰と風を提供してくれた大日社、歴史も分からないし謎の多い地域ですがとても快適な環境を提供してくれました。

和爾良神社の飛地末社 大日社
創建 / 不明
祭神 / 大日霎命
住所 / 春日井市上条町4-2181
公共交通機関アクセス / JR中央線「春日井」駅下車、​
徒歩で南へ15分程
関連記事 / ​​上条城址

春日井市小木田町「小木田神社」
小木田町の名由来はこの神社からついた町名だという。
1
小木田神社社頭全景。
境内を取り囲む様に杜があり、石の神明鳥居と左に社号標があります。

訪れた際は社頭の前の狭い通りは、以外に交通量が多い印象を受けました。
また参拝者駐車場は見かけませんでした。
2
社頭左に立派な花崗岩のプレートに小木田神社の由緒が刻まれていた。
「神社名 小木田神社
鎮座地 春日井市小木田町147番地。
祭神 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊。
合祀の御祭神 興津比古命、菅原道真。
祭礼日 4月16日
沿革
当社の創建は定かではないが、古伝によれば養老3年(719)という。
明和5年(1768)に再建した棟札がある。
郷社であり、古く天王社と云われた。
小木田の名はかつては村名となったこともあるが、篠木荘中の古村であった。
天 ?2年に境外社であった林島の荒神社と? 大臣の天神様とが本社に合祀され、関田村の産土神として多く???から崇められてきた。
尚、県指定無形文化財の源氏天流棒の手が祭礼に奉納されている。
境内末社
神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社」

読みにくい部分もあるけれど、しっかりと書かれていてわかりやすい。
3
鳥居の先の狛犬。
狛犬も派手な彩色が施されたものを見かけるけれど、個人的に好きにはなれない。
僅かに彩色がされ、これくらいなら許容範囲の上品な化粧。
4
境内左に自然石の手水鉢、緑鮮やかな楓の木が手水舎だ。
4
手水鉢から拝殿方向の境内の眺め。
この時期の緑はしっとりとしながら鮮やかで、目には優しいものがある。
6

境内右の覆屋、その下に正方形の石枡。

同じく境内右外れに義勇奉行公碑。
7
源氏天流棒の手碑
棒の手、主に棒を使った武術的な民俗芸能で、尾張や三河に多くの流派が伝承されています。
源氏天流とは、清和天皇の子孫源義家を流祖とされ、戦国時代の実践的な古武道の型をそのまま伝えた豪快な点が特徴とされるそうです。

明治時代になって現在の名古屋市守山区から春日井市の旧関田村(現在の小木田町)に伝わったようだ。
小木田の棒の手は、源氏天流の棒の手復興に努力した河野萬三郎義次、加藤平輔義平などが明治21年(1888)に相伝目録3巻及び免状1巻を小木田神社に奉納したことにはじまるという。

現在「小木田町源氏天流関田棒の手保存会」が保存・伝承活動を行っているそうで、毎年、地域の氏神である小木田神社とここから少し西の貴船神社、名古屋市熱田区の熱田神宮の祭礼には棒の手を奉納しているという。
8
境内左に注連縄が吊られた小さな堂。
雨が降る中、地元の方が本殿とこちらで手を合わせていく姿を見かけました。
堂の左右に石塔と二体の石像が安置されています。
解説らしきものはなく、像はどちらも風化は激しく像容は分かりません。
9
拝殿全景。
社殿はコンクリート工法で作られた新しいもの。
左に狛犬が見えますが、これは末社を守護するもので、拝殿前に狛犬は配されていません。
10
切妻平入拝殿に向拝が施されています。
11
拝殿の扁額と拝殿、幣殿の眺め、桐が神紋のようです。
12
拝殿左の境内末社が纏められている。

末社の左に注連縄がかけられた石標があり、文字は刻まれているが全てが読み取れず不明。
13
末社を守護する狛犬。
14
板宮造りの社が7社並んで祀られています。
奥から順に神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社。
15
末社から見た本殿、外削ぎの千木と鰹木が見られる。
16

拝殿から鳥居方向の境内の眺め。雨の日の境内はこんな感じです。

拝殿の西側に脇参道があり、鳥居の先は小木田公園になります。

「小木田神社」創建は不明ながら、この辺りの産土神として今も崇敬され、源氏天流小木田棒の手と共に次の世代に受け継がれていきます。
2020/06/13

「小木田神社」
創建 / 不明、1768年(明和5)の棟札が残る
祭神  / 大己貴尊、素戔鳴尊、少彦名尊
境内末社 / 神明社、天神社、熱田神宮、金比羅社、荒神社、八幡社、秋葉社
住所 / 春日井市小木田町147
公共交通機関アクセス / JR中央線春日井駅から​北に徒歩10分程

↑このページのトップヘ