尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:滋賀県

滋賀県近江八幡市牧町
県道559号線、通称さざなみ街道
湖岸緑地岡山園地の駐車場を右手に見ながら100mほど南下した先に左カーブが見えてきたら
右手に入る細い道が見えるはずです
頭山の東の麓にあたり、琵琶湖の湖岸沿いの細い道
右手は遮るものは何もなく琵琶湖を一望でき、とても静かな空間に藤ヶ崎龍神が鎮座します
聞こえるのは湖畔に寄せるさざ波の音だけです
1
道沿いの左に「昭和天皇御即位、御大典記念大石碑」の案内板と右に「藤ヶ崎神社」の案内板
2
ここまでは案内してくれたナビは藤ヶ崎龍神
案内板は藤ヶ崎神社とある・・・・・?
鳥居を含めて境内整備が行われ案内板の写真とは違う様相・・・・・ここ??
とてもすっきりして綺麗に守られているようです3
藤ヶ崎龍神外宮
湖畔の大小無数の岩の中に注連縄のかけられた2つの巨石が磐座
霞のかかった琵琶湖を背に、鳥居と祠の朱が鮮やかに浮き立ち神秘的な趣を感じます
4
藤ヶ崎龍神正面前景
鳥居前の左右に「藤ヶ崎龍神」と刻まれた奉納燈籠と朱い鳥居には「藤崎龍神社」の扁額
湖面の先には長命寺の鎮座する長命寺山と津田山、更に左には沖島を望む雄大な景色が広がっています
5
鳥居をくぐり龍神様の拝所へ向かい参拝します
それにしても、見とれる程の絶景です
湖面から今にも龍神様が現れる、そんな気にさせる
6
藤ケ崎龍神の祠と二つの巨石に注連縄が巻かれた磐座(いわくら)
どことなく夫婦岩を連想させます
7
外宮から振り返り返った、山側一帯は「水茎の岡」と呼ばれます
そちらには二つの鳥居とその先の岩壁にポッカリと開いた洞口が正面に見えます
こちらが内宮、洞窟の奥に妙得龍神様が祀られています
洞窟の入口の右端に略縁起の石碑、左に地蔵堂と当地の解説板が掲げられています
8
「水茎の岡」解説板
名勝として知られ、この地は古くから歌に詠まれるほど
水茎の岡を詠んだ歌は万葉集をはじめ40有余残ると云われそうです
ここにはその歌が書かれています
「藤が崎より尾崎まで 守りたまえし神々様 栄ましませ 水茎の岡」
巨勢金岡(こせのかなおか)という平安時代前期の宮廷画家がこの地を訪れ、この絶景を描こうとした
しかしあまりの絶景故に絵に落としきれず、筆を折ってしまったと云われます
「水茎の岡」の「水茎」とは筆を指しこの地に名が残った
また、ここから「筆ヶ崎」と呼ばれるようになったのだという
9
洞窟の入口左の地蔵堂
中には三体のお地蔵様が祀られていました
10
洞窟の入口の右端に略縁起の石碑があり以下のように刻まれています
「龍王ト龍神ナトハ夫婦ニテ 名高キ藤太家名藤原(江州蒲生郡牧村藤ケ崎神社ノ龍神略縁起)」
「名高キ藤太家名藤原」とは
平安時代中期の下野(現在の栃木)の武将藤原秀郷(俵藤太、田原藤太とも)のこと
この地の「近江富士・三上山の百足退治伝説」で、龍神一族は三上山に住む「大ムカデ」に苦しめられていた、龍神一族から大ムカデの退治を懇願され見事に退治した物語で知られる
11
さて内宮へ参拝に
岩壁の割れ目に出来た洞窟、その前には網戸が置かれ内部への侵入を拒むかのようですが、これは周辺に生息するカラスの侵入を防止するもの
参拝時には右の様に一旦網戸をどかし、屈んだ状態で内部に潜り込み参拝を行い、参拝後はそのまま「後ずさり」して再び網戸を戻す、これが参拝マナーの様です
12
狭くて薄暗い洞窟内に妙得龍神様を祀る小さな社、その前には苦手なへびの置物もあります
お参りを終え、向きを変えようとしてもそれは無理というもの
下手をすれば周囲の岩に頭をぶつけるのは見えている
ぼちぼちとそのままバックするのが賢明(それはそれで怖いけれど)
左側には龍神祝詞が掲げられてますが洞窟から出る事で精一杯、祝詞を唱える余裕はありませんでした
13
暗い洞窟から外に出て振り返る
青い空と湖面の色が同化した大きな世界が広がり、この静寂さは龍の存在を感じさせる
2019/02/22
水が温む頃はカラフルなセールが湖面にたなびき、別の表情を見せてくれるのでしょう
藤ヶ崎龍神
創建 / 不明
祭神 / 妙得龍神
住所 / 滋賀県近江八幡市牧町

滋賀県蒲生郡日野町村井 「信楽院」
城下町の趣漂う日野商人街道の南に鎮座します
1
浄土宗のお寺で、中世この地方を統治し、後に日野城主となる蒲生家の菩提寺

1349年(貞和5)蒲生高秀が信楽庄牧村の紫香楽寺から古仏を乞い受け、小御門城の馬場に小堂を建て安置したのが始まりと云われ、安土・桃山時代に当地に移されたと云われます
2
山門の右に日野観光協会の案内板、内容は以下
「信楽院は鎌倉期から安土桃山時代にかけて、日野地方を治めた蒲生家の菩提寺である
音羽城を築いた貞秀は、戦いに出る時何時も、槍の先に冠子に入れた阿弥陀仏にを槍の先に引っ掛け、念仏をとなえながら戦ったといわれ、こんなことからこの仏を「槍かけ本尊」とも呼び、今もこの寺に安置されている
また文禄4年(1595)京都で亡くなった蒲生氏郷の納骨地蔵尊や供養塔もこの寺院にある
本堂の天井には、日野が生んだ江戸期の画人高田敬輔の豪快な雲流の天井絵がある」
分かりやすい解説です
「雲龍」の天井絵を焼き付けておきたかった、こちらを訪れた目的です
3
山門
派手な彩色は無いけれど、木組みや各所に細かな彫が施された重厚な趣があり
天井絵ばかり目的にしていましたが、実際に訪れてみると門前から足は止まっていました
4
山号「佛智山」扁額
5
木鼻、蟇股など至る所手を掛けた彫が施されています
6
両脇には孔雀の透かし彫りが驕られ、宮彫師の拘り見たいものが伝わってきます 
7
山門から境内伽藍
「雲龍」の天井絵の描かれた本堂は右手になります
8
境内左の鐘楼、こちらも山門同様に柱を始め細かな彫が施されています
9
寺の顔ともいえる山門に対しシンプルな手水舎
10
手水舎左手の四間堂、入母屋瓦葺の建物で四つの堂が並んでいます
11
左から地蔵菩薩堂、左手の前掛けがかけられた二体の地蔵と右手にも地蔵が祀られています
12
左から2番目、さあ困った、読めません
立派な厨子がありますが、残念ながら解説板もないので
13
3.4番目観音大士、こちらも立派な厨子と不動明王や多数の仏像が祀られています
14
四間堂右手の秘仏堂
扁額の左に掲げられた由緒書きによれば1978年(昭和58)に建て替えたようです
15
本尊の阿弥陀如来三尊は八月と春・秋の彼岸の中日と毎年三回開扉されるようです
16
境内正面
行者堂と大師堂、こちらは修復が入るのでしょうか立ち入り出来ませんでした(2019/2/21時点)
17
本堂(左)全景と庫裡
18
本堂土間の扁額
本堂左の滋賀県教育委員会解説板
以下は解説板からの抜粋
「現在の本堂は、原文四年(1739)に大工但馬喜連によって建てられたことが棟札に記されている
建物は前面に土間を持つ浄土宗本堂としては特異な平面を示す
内部は欅の独立丸柱に大きな虹梁形飛貫を効果的に架け、天井絵の大胆な構図とあいまって、力強く荘厳な意匠でまとまっている
土間を持つ浄土宗本堂の特異な例として重要である」

本堂は2017年に修復を終え建具も含めリフレッシュされています
19
新しい建具を開け、土間から本堂外陣へ
視力の悪い夫婦、障子を開けた先にいきなり住職らしき人影が
「こんにちは」・・・・・?????、「天井絵を拝見させて頂きにお邪魔させて頂きました」・・・・・?????
「・・・・・なんと冷たい」
近付いて良く見れば、それは像でした、返事があろうはずもなく
周りに誰もいなくて良かった、客観的にこの光景を見られていると面白い動画が撮れたはずです

本堂の天井は大きく9つのブロックに分かれています
本陣の上は遠慮させて頂きましたが、6つのブロックの天井には躍動感あふれる天井画が描かれています
20
本陣の右の住職の後方にある須弥壇、中央と左の須弥壇で拝ませて頂きます
さあてお目当ての天井絵をじっくり拝ませて頂きます
21
土間から本堂に入った最初のブロックに描かれている天井絵
22
その左の中央の天井に描かれた天井絵
これです、お目当ての龍の天井絵「雲竜・八大竜王・韋駄天図」です
江戸時代の絵師高田敬輔(1674~1755)の代表作と云われ、天井の11mに描かれた大作です
6枚の天井絵の中心となる雲龍、豪快な龍が天井の一間に描かれています
23
その雲龍の左の天井絵
24
左の内陣寄りの天井に描かれた天女の絵
こちらを向いて優しい笑みを浮かべています
25
中央の須弥壇前の天井に描かれる天井絵
26
住職の上の天井に描かれた天女の絵
27
畳の上に仰向けになり、静かに天井絵を脳裏に焼きつける
小布施にある岩松院​の『八方睨み鳳凰図』が辿った様に、やがてはこうして静かに眺める事は出来なくなるのでしょう
高田敬輔の描いた「雲竜・八大竜王・韋駄天図」じっくり見ておくならば今なのかもしれません
訪れて良かったと思う満足の力作です
2019/2/21

佛智山信楽院
宗派 / 浄土宗
開基 / 不明
本尊 / 阿弥陀如来坐像
住所 / ​滋賀県蒲生郡日野町村井1500
アクセス / 新名神高速甲賀土山ICより国道1号で約20分

2019/02/21・22

 早朝の宿の窓から見る琵琶湖と空の色は、何となく昨日よりは良さげな天気
 二日目の始まりは朝風呂からスタート
00
風が強く肌寒かった昨日に比べれば今日は暖かそう
9時には朝食も済ませチェックアウト
二日目のスタートは長命寺から始まります
宿から車で15分程湖岸を南下します
08
四国三十三所 三十一番札所 姨綺耶山 長命寺

その歴史は古く景行天皇二十年、大臣武内宿彌が当山に登り「寿命長遠諸願成就」の文字を柳の巨木に記し、長寿を祈り三百歳以上の長寿を保ち、六代の天皇に仕えたと云われる

後に聖徳太子が諸国歴訪の際に、当山を訪れ柳の巨木に「寿命長遠諸願成就」の文字と観世音菩薩の御影を拝し感歎していると、たちまち岩の影より白髪の老翁が現われ、「此の霊木で千手十一面聖観音三尊一体の聖像を刻み、伽藍を建立すれば武内大臣も喜び、諸国万人等しく崇拝する寺となるであろう」と告げ失せた
太子は尊像を刻み伽藍を建立、武内宿彌長寿霊験の因縁をもって「長命寺」と名付けた事から始まると云われています
本堂、三重塔など重文が建つ境内から眺める琵琶湖の眺望は圧巻、808段の石段を登った者にしか味わえない眺望です(ショートカット可)

長命寺
創建 / 619年(推古天皇27)
宗派 / 単立
本尊 / 千手十一面聖観世音菩薩
住所 / ​滋賀県近江八幡市長命寺町157​​

次はここから湖岸沿いに南下し「藤ケ崎龍神社」に向かいます
09
おやじリクエストの2か所目「藤ケ崎龍神社」
湖岸に建つ外宮の赤い鳥居の正面には長命寺山の山腹に建つ長命寺を見る事が出来る絶景ポイント

山側の内宮の鳥居の奥、人一人がやっと入る事が出来る小さな洞窟があり、狭くて薄暗い洞窟内には妙得龍神様が祀られています
入口の右端にある石碑は略縁起

藤ケ崎龍神社
創建 / 不明
祭神 / 妙得龍神
住所 / 滋賀県近江八幡市牧町
010
日牟禮八幡宮
旧八幡町の総社で平安時代の創建と云われ、京都府八幡市の石清水八幡宮の神霊を勧請したもの
 広大な神域は榎や椋の巨木が生い茂り、楼門をくぐると正面に拝殿、神殿と続きます
右手には神楽殿、神殿の右側と左側に末社が祀られている

寺宝には、江戸時代に海外貿易に活躍した商人西村太郎右衛門が寄進したという「安南渡海船額(あんなんとかいせんがく)」をはじめ、祭神である三神の木像などがあり、いずれも国指定の重要文化財になっています

創建 / 131年
祭神 / 誉田別尊、息長足姫尊、比賣神
住所 /  ​滋賀県近江八幡市宮内町257​​​
012
本願寺八幡別院
1558年(永禄元)に江州蒲生野に創建された金台寺を前身としています
1580年(天正8)織田信長の寺地寄進により安土城下へ
1592年(文録元)に豊臣秀次の寺地寄進により八幡城下の現在地へ移された、浄土真宗本願寺派の寺です
本堂は1716年(享保元)、表門は1767年(明和4)年に建立され、県有形文化財の指定を受けています

本願寺八幡別院
創建 / 1558年(永禄元)
宗派 / 浄土真宗本願寺派
住所 / 近江八幡市北元町39-1
013
碁盤の目の様に区割りされた城下町、その街並みで見かけた地蔵堂
011
上段 区割りが整備された八幡街並み、道は真っ直ぐに続きます
下段左 八幡掘
右 遅い昼ごはんとなった、日牟禮庵のざる蕎麦大盛り
住所 / 滋賀県近江八幡市西元町61
ざる蕎麦を食べたところで、今回はここで帰途に付くことにします

近江八幡、懐の深いところです


2019/02/21・22
鉛色の空、近江八幡一泊二日の寺社巡りへ
いつものことで一日に多くを参拝する、おやじから見ると忙しい寺社巡り
まあ、それならそれでいい
今回は泊りでもあり、温泉に入れればそれで充分、喜んで運転手を務めよう
二か所だけはコースに入れてもらう

かみさんが練りに練ったコース、当然御朱印目的となります
名古屋を7:30東名阪に乗り神名神高速道路経由で甲賀土山を目指し出発
01
名古屋から途中休憩を挟み最初の目的地「田村神社」到着が9時30頃
朝一番という事で参拝客はちらほら

厄除の祖神で坂上田村麻呂を主祭神とし、嵯峨天皇、倭姫命の2柱を祀る
田村神社は近江と伊勢の国境にあり、都から伊勢に詣でる交通の要所と云われます
坂上田村麻呂は鈴鹿峠に住む鬼を退治し交通の安全を保ったことに加え、延暦年間に東北に出征しこれを平定した
812年(弘仁3)に嵯峨天皇は坂上田村麻呂をこの地に祀った事に始まると云われ、交通安全の神様、厄除の神として崇敬されるようになった
拝殿前には大きな破魔矢、毎年2月17日~19日の3日間 『厄除大祭』が行われ、境内を流れる御手洗川に歳の数だけ豆を流す事で厄が落ちる厄豆落しは多くの参拝客で賑わいます

田村神社
創建 / 812年(弘仁3)
祭神 / 坂上田村麻呂、嵯峨天皇、倭姫命
住所 / ​滋賀県甲賀市土山町北土山469
04
おやじリクエストの信楽院
浄土宗のお寺で奈良時代前期、聖武天皇の勅建と云われているが定かではない
中世、この地方を統治した蒲生家の菩提寺で、安土・桃山時代に当地に移されたと云われます
日野出身の江戸時代の画家高田敬輔(1674年~1756年)が本堂に描いた力感溢れる「雲竜」の天井画は6枚に渡る、仰向けになり眺める天井画は時の経つのを忘れさせてくれる
この地を訪れた際に是非とも見ておきたかったところ
県指の文化財に指定されている本堂や書院などがあります

信楽院
宗派 / 浄土宗
本尊 / 阿弥陀如来坐像
住所 / ​滋賀県蒲生郡日野町村井1500
03
日野町の最高峰綿向山の頂に鎮座していたが、796年(延暦15)里宮として現在地に祀られる
蒲生上郡の総社でこの地を支配した蒲生家が氏神として庇護し、江戸時代には日野商人が出世開運の神として崇敬され、日野商人の寄進による本殿や燈籠、石橋が残る
亥年の今年は12年に1度の焼き印絵馬を求めに参拝客で賑わう神社です

馬見岡綿向神社
創建 / 796年(延暦15)
祭神 / 天穂日命、天夷鳥命、武三熊大人命
住所 / ​滋賀県蒲生郡日野町村井705
06
一旦遅めの昼食を摂る、予定していた時間を大幅に超え(おやじの影響)でランチはスルーとなり
久し振りのエビカツバーガー(おやじ的にはこれが最高)、チャレンジャーはずっと騒いでいた麻辣なんとかでランチ
02
県道541号線を挟み西本殿、東本殿とあり、延喜式神名帳に長寸(なむら)神社として列座された格式高い神社で、楼門を始め複数の重要文化財が残ります
西本殿は開けた場所に鎮座、東本殿は周囲を杜に囲まれた境内に鎮座しています

苗村神社
創建 / 不明
祭神 / 国狭槌命(西本殿)、大国主命、素盞嗚尊(東本殿)
住所 / ​滋賀県蒲生郡竜王町大字綾戸467
05
ラコリーナ近江八幡
和、洋菓子、パンがあり、ラコリーナ(丘)の名が示すように自然を身近に楽しめます
おやつに焼き立てバームクーヘンとコクのあるコーヒーを頂く、天気予報は外れ、今にも雪が降りそうな空模様、想定外の寒さにこの温もりはありがたい
甘い物に目のない彼女、悩み続ける彼女の背中を押し右のハートブラウニーを土産に買い求める

屋上緑化の建物は緑が綺麗な頃に訪れると目の保養になるのでは
これ以降、車の振動は厳禁と指示が出るが・・・・・と云われても

ラコリーナ近江八幡
滋賀県近江八幡市北之庄町615−1

昨日までの温かさに誘われ、ショートコートで来たかみさんにはこの風は辛い
もう一つ回る予定はキャンセルし今夜の宿に向かう事に
07
午後4時には今夜の宿、国民休暇村近江八幡東館にチェックイン
休暇村は初めて利用したけれど、部屋も料理も想定外でなかなか好感度良し
年配客を意識したコンサートなど演出もあり賑わっていました
平日という事もあり、お子ちゃまや海外の観光客も皆無、落ち着いた印象を受けました
琵琶湖を望む露天風呂を満喫し、おやじ的には何よりありがたい
これから選択肢の一つに加えてくれないかな?

国民休暇村近江八幡東館
住所 / 近江八幡市沖島町宮ヶ浜


滋賀県彦根市佐和町
  JR彦根駅から駅前お城通りを眺める、
正面に護国神社と更にその先には彦根城の姿が見えます
 大師寺は駅から西に約5分程歩いた佐和町にある小さなお寺です
藩政時代には上瓦焼町と称ばれた辺りに鎮座します
2
昔ながらの狭い道路脇に山門があり、赤い幟がはためいているのが見えてきます
1
滋賀県では数少ない真言宗のお寺で、
 彦根駅に近い事から「駅前の弘法さん」として親しまれています
3
山門左には小さな堂
 地元の方でしょう、通りすがりにお参りをされる光景が目に入ります
身近に根付いた存在なのが良くわかります
4
大師寺正面から境内の眺め
 境内に入ると目の前に本堂、右に寺務所の配置です
5
山門左の寺号標と提灯
 この紋はどこか見覚えがあるのですが・・・・・思い出せない
6
右側には由緒書きが掲げられています
 「寝弘法」と「不動明王」にお目にかかりたい、それがこちらを訪れた理由でもあります
7
山門をくぐると左に地蔵が纏められ、その奥に由緒の記された石碑が建っています
8
手水舎
  絶え間なく注がれる水盤、七福神に見守られ日頃の穢れを清める事にします
水盤にも紋が・・・・
9
手水舎の左に小さな祠
10
本堂左脇の七福神像
 「彦根一箇所七福神」と呼ばれ七福神全てが勢揃い
四国八十八ヶ所の砂踏みがあり、
 歩いて行けばお手軽に八十八番までのお遍路が完結し願いが叶うもの
11
本堂正面
 遍照金剛と彫られた扁額
堂は扉が閉ざされ、堂内の寝弘法さんとは会えないのか・・・・・
 しばらく写真を撮っていると、法要から戻られた住職に
「中に入って寝弘法さんを見てれば良かったのに」と声掛けを頂いた
 ・・・・・開いていたのネ
115
では、という事で堂内に、ほどなく住職もお越しになりお話を聞くことが出来ました
 正面にはこちらを向いて横になるブロンズ製の弘法様とご対面
12
堂内は正面に煌びやかに輝く弘法大師像
13
大師像の右の脇仏「開山真浄法尼像」が祀られています
 1931年(昭和六)、一人の女性が僧に草鞋(わらじ)代を喜捨したことがこの寺の始まり
 その後、女性は霊験を得て仏門に入り大師寺を開山
法号は真浄法尼、当時彦根に真言宗の信徒は少なく、
 弘法大師の霊徳を知る者は殆ど無い中、92歳で入寂するまで多くの衆生済度の修行を実践、
彦根における弘法大師信仰発祥の寺院として今日に至る

この像は最後の仏師とも呼ばれた西村公朝の作(香積院天井画)で、この像を見に弟子も訪れるそうです 
14
左の脇仏が「波切り不動明王」作者は不明ですが江戸時代に作られたものらしい
 しばらく座って脳裏に焼き付けていると、住職から「写真を撮っても構わない」からとのお言葉
「えっ?普通はお断りが多いのですが」
 「うちは多くの方に寝弘法さん知ってもらって訪れて欲しい」とか
「なんでこんな小さな寺にきたのか?」の問われ
 「観光化された寺社より小さな寺社が好きだから」と答えると
「最近訪れたイギリスの方もあんたと同じような事言ってはったワッハハ」
 愉快な住職とお話しする事を目的にして訪れるのもいいかも
15
住職の説明から
 「寝弘法さん」の頭の部分には京都東寺よりお分けいただいた「お舎利さん」(お釈迦様のご遺骨の一部)が奉納されているそうです
 思い出せなかった紋、東寺で見た紋である事を漸く思い出す・・・・・すっきり

「南無大師遍照金剛」とお唱えしながら、寝弘法さんの頭や体を撫でお願いをするとご利益があるといわれます
 私も頭を撫でさせて頂きました(・・・・・ボケませんように)
16
堂内に掲げられた額と正面並べられた大黒天の像
 寺が元々祀っていたのは黒光りした大黒様、他は信者からの寄進だそうです
17
真浄法尼と東寺のつながり等、昭和になり創建された小さなお寺でありながら
 見所の多い寺だと思います
個人的な感想になりますが、訪れて良かったと思う寺の一つです

『大師寺』
宗派 / 真言宗東寺派
本尊 /  弘法大師
創建 / 1931年(昭和6)
住所 / ​滋賀県彦根市佐和町7-19
大師寺URL
アクセス / 
電車 東海道本線彦根駅下車 徒歩5分程
車 名神高速道路彦根IC より2km    

↑このページのトップヘ