尾張のおじさんblog

こんにちは 地元名古屋を中心に身近な神社・仏閣、地元の歴史や街並みを紹介していきます

タグ:神領町

春日井市神領町1『瑞雲寺』

「神領町」この地名、その昔は熱田神宮に仕える神官が暮らす地域、「神の領」から縮まり現在の神領になったとか。特別感満載の地名です。
瑞雲寺は堀ノ内町の「神明神社」に向かう途中、高御堂公園の東にある臨済宗のお寺です。
貴船社境内から出土した銅鐸の一つがこちらで保管されているそうです。
1
お寺の敷地はゆとりを感じさせる広く立派な佇まい、東の道路沿いに寺号標が建つ。
そこから眺める伽藍は全体に新しいもので、ひなびたお寺の印象はない。
2
 瓦葺の四脚の山門、その左は鐘楼、右が庫裏の様です。
駐車場からスロープが伸び、そこから山門に続いているようです。
3
 駐車場の左角に社が祀られています。
左に「熱田皇大神宮」の石碑。
社名札は掲げられていないけれど熱田大神の神札が納められているのだろう。
1986年(昭和61)に改修されたと記されています。
4
 山門
こちらも新しい、瓦には五三の桐紋が入ります。
5
 山門より境内の眺め。
東海四十九薬師霊場の二十二番札所でもあるようです。
正面は本堂。
6
 境内本堂方向の眺め。
左に四脚瓦葺の鐘楼、右手が本堂でその左に小さなお堂が二つあるようです。
外観同様、手入れされた庭は石畳が敷かれた綺麗な庭です。
ところどころにかわいい地蔵や七福神などが置かれています。

7
 山門をくぐり、左側を見て下さい。
小さな赤い扉の祠があります、天王社かい?
覗いて見ると中には黒光りした石の男性シンボル(でいいんだろうか)が安置されています。
煩悩まみれのおやじの見立て、違っているかもしれない。
軒下の札に「おさすりさま」とあります、謂れを調べて見るも手掛かりは見つからない。
先端をさすると何かしらの御利益があるようだ。
8
 怪しい物体の前に盛砂が盛られ、綺麗に砂紋が描かれています。
9
 鐘楼脇の石像群、はっきりしないけれど行者の上に彫られているのは御嶽講のシンボル山丸三かもしれません。
10
 盛砂の脇に「瑞雲寺沿革」の碑があります。
弘法大師の頃、仏法盛行となり祠人の一人が仏門に入り僧となったのが寺のはじまりで、西暦765年頃と伝わっています。1438年(永享十)臨済宗妙心寺派僧・雲叔和尚により開山された。
江戸時代は寺領420石を有していた。
尾張長久手の合戦(1584年)で焼失、1625年(寛永2)に大裕休禅師により復興させる。
それも1727年(享保12)に再び焼失するも、翌年13年に再建された。
2002年(平成14)に本堂、庫裡を再建し現在に至る。

420石と云われてもピンとこないけれど、いっこうに届かない10万よりは多そうです。
ざっくり計算で一石(米150kg)、普段買われる10kgの値段で考えると1石が7万前後。
庶民の年間生活費を考えないと分からないけど、結構な寺領です。
11
 本堂全景。
入母屋瓦葺、大棟には山号の「龍光山」が施され、ここにも五三の桐紋が施されています。12
 本堂から庫裏方向を眺める。
本堂の額には「瑞雲禅寺」とある、当日は法要があるようで、気になる銅鐸や本堂内など拝観させて頂くのは控えた事もあり銅鐸の所在は分からずです。
瑞雲寺HP(https://zuiunji.com/)で銅鐸ペーパークラフトなるものがシェアされていました。
これでも作ってイメージを膨らませるか。
13
 本堂左に小さな堂。
14
 額に記されているのは「梅きょう?」と読むのか?、意味は・・・・・分からない。
内部には不動明王、弘法様が祀られていますが、中央の一刀彫の仏像群が気になる。
15
 本堂南の四脚瓦葺の入母屋の鐘楼と梵鐘。

16
 墓地入口の方型の堂、内部には鬼の面や不動様、観音様、狸なとが所狭しと安置されています。
17
 上
境内の観音菩薩像
下は清心行者碑
御嶽信仰の覚明系の清心講(心願講)の始祖、清心行者を称えたものなのでしょう。18
 境内西側に四国巡礼記念に安置されたものでしょう、千手観音、如意輪観音など石仏が安置されています。

貴船神社の「神領銅鐸」お目にかかる事は出来ませんでした。

瑞雲寺
宗派 / 臨済宗妙心寺派 
山号 / 龍光山
開創 / 1429年(永享元)
本尊 / 薬師如来
住所 / 春日井市神領町1-11-4
公共交通機関アクセス / JR中央線​「神領」駅から徒歩15分
貴船神社から徒歩アクセス /  ​ 西へ徒歩5分程
関連記事 / ​貴船神社

春日井市神領町1『貴船神社』
神領町の『三明神社』の前の通りを​南へ5分程​歩きます。
やがて左手の保育園を通り過ぎると小学校が正面に現れ、道はそこから右に続きます。
1
右手の角地に舗装された保育園の駐車場、その先の小さな杜が目的地「貴船神社」。
周囲は北と西が住宅街、東は保育園がありその先に庄内川右岸の堤防道路、南は小学校、静かで自然を身近に感じる事が出来る環境。
00
左は1891年(明治24)と右がほぼ現在の地図、こうして見ると随分宅地化されたものです。
貴船神社は現在も明治の頃も記載はされていません。
神社の由緒は分からなかった事を最初に書いておこう。
2
貴船神社は社号標や鳥居、狛犬などはなく、灯篭と拝殿、覆屋に納められた社の伽藍。
村の社そのものかもしれない。
境内入口右の「神領銅鐸」の立派な解説板が目に付く。
手前の石標は社号標ではありませんでした。
4
「神領銅鐸出土地」と刻まれた石標。
今は出土当時の面影は残っていませんが、発掘当時は神社境内に接する小川があったようです。
その小川の堤から銅鐸が2点出土したようです。
この石標は銅鐸が出土した場所に建てられているそうです。
3
解説板
江戸時代末期の1858年(安政5)、現在の保育園付近から2点の銅鐸が発見され、状態の良い1点は地頭が所有、もう1点の銅鐸は地元に保管されたと伝えられます。
その時の状況が 名古屋藩士の細野要斎(1811~1878)の「感興漫筆」で「神領村農民長蔵が次子仙左衛門、村東の堤畔を掘て、銅鐸二を獲たり」と記録が残る。
また、昭和4年の考古学雑誌に「庄内川の右岸堤防を隔たる西十数間、無格社木船神社の接している何等特長のない低い地点」で出土したことが紹介として掲載されているといいます。

2点の銅鐸は一つは破損、一つは原型を留めていたそうです。
破損した銅鐸は復元され、神領区有の銅鐸としてここから西に5分程の​臨済宗瑞雲寺​に保管されているそうです。原型を留めた銅鐸の行方は分からないようです。

この銅鐸は雨乞いの神具として使われ、干ばつ際には、貴船神社に住人が集まり、銅鐸を持出し庄内川の水を中に入れ、洗い清めた銅鐸を持ち帰ってたらいに入れ、竜の掛け軸の前に供え神主の祈願の祝詞と村人がお参りを繰り返したそうです。
その祈願を行うと必ず雨が降り、日照りは解消したと伝えらるそうです。
銅鐸がそうした用途で用いられていた頃は貴船神社の屋根裏に保管されていたようです。
そうした事も用心の悪さから瑞雲寺に移されたらしい。

銅鐸が作られた当時の用途は分からないけれど、そうした神事に使われてもそれはそれでいいのではないかな。物が残ってさえいれば。
行方の分からないもう一方は今頃は海を渡っているのかもしれません。
5
さて、神社に進みます
右に石が組まれた常夜灯があり、その奥に小さな社と拝殿があります。
6
岩の上に置かれた社は「秋葉神社」です。
7
拝殿全景。
瓦葺の切妻で四方吹き抜けの拝殿で、その奥の覆屋の中に社が窺えます。
8
貴船神社の鬼瓦も菊紋が入っています、三明神社の様式の流れを受けているのでしょうか。
9
拝殿内から社の眺め。社は南を向いて祀られています。
創建や祭神については分かりませんが、先ほどの考古学雑誌の記述で「無格社木船神社」とあるけれど、
それ以前の「感興漫筆」に社名が出てこない事から推測し江戸以降の創建ではないかと思います。
こうした事が解説として整備されていくといいのだが。
10
一段高い台座の上に祀られた板宮造りの社、秋葉神社はまめに訪れる方が見えるようです、最近は水事情も良くなり、こちらに頻繁に訪れる方は少ないようです。
境内のさつきが唯一彩りを与えています。
11
貴船神社側面全景
銅鐸が出土した古墳の痕跡を留めるものは石標以外皆無です。
いずれにしても春日井や東部丘陵地帯には多くの古墳があり、宅地化に伴い現存しないものも多いですが、古くから人が住み、豪族がいたという事でしょう。


春日井市神領町『貴船神社』
創建 / 不明
祭神 / 不明
住所 / ​春日井市神領町1丁目14
公共交通機関アクセス / JR中央本線「神領」駅下車、​南へ徒歩15分程
関連記事 / 春日井市神領町『三明神社』

↑このページのトップヘ